オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    カテゴリ:野球 > 侍ジャパン

    for1907170001-m1

     次は野球だ。ラグビー、バレーボールのワールドカップが日本国内で、そして世界陸上もカタール・ドーハで開催されている中、日の丸を背負うアスリートたちの活躍に酔いしれている人は多いだろう。11月3日からは2020年東京五輪の予選を兼ねる野球の国際大会「第2回プレミア12」(主催・WBSC=世界野球ソフトボール連盟)も行われる。

     すでに開催国として東京五輪出場権を得ている日本代表・侍ジャパン(WBSC世界ランキング1位)も参加し、10月1日にメンバーが発表される予定だ。同月22日から宮崎、28日からは沖縄で強化合宿に臨み、カナダ(世界10位)との強化試合2連戦(31日、11月1日・沖縄セルラースタジアム那覇)で本番前の総仕上げを行うことも発表済み。3大会ぶりに野球が種目として復活する五輪のホスト国だけに、このプレ大会で侍ジャパンは是が非でも負けるわけにはいかない。

     その一方、お隣の国も同大会での結果を至上命題として追い求めている。韓国(世界3位)だ。4年前に行われた第1回大会のディフェンディングチャンピオン。V2を大目標としているのは言うまでもないが、まず最低でもクリアすべきハードルとして東京五輪の出場権を得ることは絶対条件。そのために同大会でアジア/オセアニア大陸枠での残り1枠をかけ、チャイニーズタイペイ(世界4位)、オーストラリア(世界7位)よりも上位になる必要があり、参加国全体の中でも6位以上にならねばならない。

     キューバ(世界5位)、オーストラリア、カナダと同組になったグループCのオープニングラウンド突破に韓国国内からは楽観論も聞こえている。ただ韓国代表のトップチームは直近の大会の第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)で同国として初の予選敗退を喫した屈辱を味わっているだけに油断はできない。そうした背景もあり、韓国代表側は総力を結集して同大会に臨む腹積もりだ。

    反日がらみで〝政治介入〟

     ちなみに次のプレミア12で韓国代表が理想として掲げるシナリオはV2での東京五輪の出場権獲得を果たし、さらには「日本潰し」も同時に成し遂げることだという。強力に後押ししているのは韓国政府、つまり文在寅政権だ。

     過去最悪の状況となっている日韓関係にも韓国・文大統領はどこ吹く風とばかり、反日政策に対して手を緩める様子は今も見られない。その一連の流れとして文政権は今年のプレミアに臨む野球の韓国代表にも実は密かに反日がらみで〝政治介入〟しているという情報がNPB(日本野球機構)やKBO(韓国野球委員会)の内部でも飛び交っている。

     その情報を整理すると、文政権側は今年のプレミア12で韓国代表が大会連覇で東京五輪出場権を得た上に日本攻略も果たした場合、多額の報奨金を用意する方針を固め、義務のある代表メンバーの兵役免除までも考慮する可能性があるという。

     同大会オープニングラウンドで韓国はグループC、日本はグループBに分かれており、互いに上位2チームになればスーパーラウンドに進出して両国の対戦が実現する。スーパーラウンドの開催地は日本。相手のホームグラウンドで侍ジャパンを打ち砕いて日本中を落胆させ、対照的に反日ムード一色の自国民を大いに喜ばせれば、国全体の高揚につながると踏んでいるようだ。

    支持率が急落していることが大きく関係

     ここまで文政権が躍起になる理由はここ最近、国内での支持率が急落していることも大きく関係している。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定で米国を激怒させ、融和姿勢を貫いていたはずの北朝鮮からもそれをあざ笑うかのようにミサイル発射などで挑発されっ放し。

     文大統領自ら任命した曺国(チョ・グク)法相も親族の疑惑を巡り、メスを入れるつもりだった検察側から捜査を着々と進められ〝猛反撃〟を食らって政権全体が窮地に立たされている。

     そこで苦肉の策として韓国政府側が導き出したのが、東京五輪出場権がかかっている上に日本とも対戦の可能性がある今秋のプレミア12。文大統領には、ここのところ下火になっている反日政策を野球韓国代表の快進撃によって何とか煽ることで、自らのマイナス材料の目くらましにしたいという魂胆も見え隠れする。 

     4年前の前回大会準決勝・日本戦で韓国代表は3点を追う9回に土壇場で4点を入れて引っ繰り返し、世紀の大逆転勝利を飾った。敵地の東京ドームで侍ジャパンにこれ以上ない恥辱を与えて白星をつかんだことが韓国国内で前回大会の優勝以上に大きく盛り上がった過去の事実も文政権としては当然把握しており、この「夢よもう一度」という目論見につながっているようである。

     ただ、プレミア12で韓国代表がどれだけ健闘しようとも、さすがに代表メンバーが兵役免除の恩恵に授かれる現実性は薄いとみられる。基本的に兵役免除が認められる韓国代表のアスリートは五輪でのメダル獲得、もしくはアジア大会での金メダルのみ。もちろん特例もいくつかあるが、国内では「次のプレミア12に関しては用いられないのではないか」と見る向きも少なくない。

    中日にいた宣銅烈氏を解任

     KBOの内情に詳しい事情通はこう説明する。

     「東京五輪までチームを率いる予定だった当時の韓国代表監督・宣銅烈(ソン・ドンヨル)氏が昨年10月に兵役免除に該当する代表選手の選考に不透明な点があったと国会議員から指摘され、国会の国政監査で証人として出席。昨年夏にジャカルタ・アジア大会でチームに金メダルをもたらし、兵役義務のある代表メンバーに免除をもたらしたが、それにケチをつけられる形になり、宣氏はブチ切れて辞任した。

     この政治介入については一説によると、日本の中日ドラゴンズでプレーした経験もある宣氏が大の親日家である点を与党側が懸念したとの見方もある。実際、与党内から『宣氏が日本のスパイになってしまうのでは』と根も葉もない妄想を働かせていた声が出ていたほど。いずれにせよ宣氏を降ろす流れを作り上げ、北京五輪でチームを金メダルに導いた金卿文(キム・ギョンムン)監督を現指揮官に据えたのも文政権の圧力。

     とはいえ、宣前監督が辞任に追い込まれた理由は〝表向き〟で兵役免除に関連する事案なので、次のプレミア12で特赦を与えてしまうと問題が再燃してしまう危険性がある。だから文政権はあえて野球韓国代表にエサをチラつかせて気持ちを高ぶらせ、結果が出ても実際は知らぬ存ぜぬを決め込むつもりなのではないか。非常に狡猾です」

     政治とスポーツを一緒くたにしてまでも、反日を貫く文政権の迷走にはどうしても戸惑いを覚えざるを得ない。傘の下に入れられている韓国代表の面々は果たしてどう思っているのだろうか。とにかく稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンには、ぜひともライバル国の動向や言動に惑わされることなく自分たちのスタイルを信じて戦ってほしいところだ。

    2017073100733c

    侍ジャパン稲葉篤紀監督(47)が1日、都内で会見を開き、11月2日から開幕するプレミア12の代表メンバー28人を発表した。10月31日、11月1日にカナダ代表(沖縄)とENEOS 侍ジャパンシリーズを戦い、戦いに挑む。★はプレミア12、WBC、オリンピック(五輪)の主要国際大会初出場

    <投手>

    ★岸孝之(楽天)

    「今年の成績で選んでいただき、正直、驚いています。選んでいただいたからには、自分の役割を果たし、勝利に貢献できるようベストを尽くしたい」

    松井裕樹(楽天)

    「再び日の丸を背負ってプレーできることをうれしく思います。世界での自分のレベルを知り、レベルアップすることができるいい機会だと思う」

    ★森原康平(楽天)

    「今年の春に続き、日本代表に選んでいただき大変ありがたく思います。今の自分の最高のパフォーマンスを出しきり、チームの勝利に貢献したい」

    ★山岡泰輔(オリックス)

    「チームを勝利に導く投球ができるように、日本の代表という自覚と責任を持って頑張ります」

    ★山本由伸(オリックス)

    「国際大会は初めてですし、楽しみです。しっかりと自分らしい投球でチームの勝利に貢献できるように頑張りたいです」

    千賀滉大(ソフトバンク)

    ★高橋礼(ソフトバンク)

    「ホークスの看板と日の丸を背負っていると意識して、どこで投げることになっても力を尽くして相手をしっかり抑えたいです」

    ★山口俊(巨人)

    ★田口麗斗(巨人)

    ★中川皓太(巨人)

    ★今永昇太(DeNA)

    「いつか選ばれたいと思っていた。1球の重み、1点の重みが大事になる。大胆かつ慎重に自分の投球したい」

    山崎康晃(DeNA)

    「日本の代表として、日本のレベルの高さを示したい。いつも以上に力強いピッチングをしたい」

    大野雄大(中日)

    <捕手>

    ★甲斐拓也(ソフトバンク)

    「自分が何をすべきかを考えながら持っている力をしっかり出し、勝ちにつながるプレーをしていきたいです」

    小林誠司(巨人)

    (阿部と同じ背番号10に)「恥じないように頑張りたいと思います。選ばれることは誇り。しっかりと準備したい」

    ★会沢翼(広島)

    「日本代表の一員として、優勝目指してチームにしっかり貢献できるように頑張ります。ファンの皆様、応援よろしくお願いします」

    <内野手>

    ★浅村栄斗(楽天)

    「光栄です。日本を代表する選手が集まる中でプレーできることは素直にうれしい。しっかり準備して、いつも通りのプレーでチームに貢献したい」

    ★源田壮亮(西武)

    「国際大会はいろんな事が起こると思うので、冷静さを失わずにやりたいです」

    ★外崎修汰(西武)

    「内野でも外野でもしっかり準備して、日の丸を背負う自覚、責任、感謝の気持ちをもってプレーしたい」

    松田宣浩(ソフトバンク)

    「僕はまだ世界一を経験したことがないので、熱男・松田宣浩、世界で羽ばたきたいと思います」

    坂本勇人(巨人)

    山田哲人(ヤクルト)

    「日本代表として恥じないプレーで全力を尽くしたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

    菊池涼介(広島)

    「チームの勝利に貢献できるように、全力プレーで最善を尽くします」

    <外野手>

    ★近藤健介(日本ハム)

    「今の自分の力を最大限に発揮し、打撃で持ち味を出せるように頑張りたいです。チームの勝利に貢献できるプレーができるよう全力を尽くしたい」

    秋山翔吾(西武)

    ★吉田正尚(オリックス)

    ★周東佑京(ソフトバンク)

    「本当に信じられない気持ちです。チームメートはすごい選手ばかりなので、人見知りする僕としては今から緊張しています。しっかり先輩たちについていきます。出場する機会があれば自分の持ち味を出して、グラウンドを誰よりも速く駆けたいと思います」

    鈴木誠也(広島)

    「選んでいただいて光栄です。稲葉監督の力になれるよう全力で頑張ります」

     

    201908280004-spnavi_2019082900001_view

    韓国・機張(キジャン)で行われた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ(W杯)」。日本は5位で、最終日を待たずに全日程を終えた。2年前のカナダ大会は3位、4年前の日本大会は準優勝だったが、今大会は7年ぶりにメダルを獲得できなかった。

    U-18侍ジャパンはスーパーラウンドを1勝2敗と負け越し、決勝および3位決定戦に駒を進められなかった
    U-18侍ジャパンはスーパーラウンドを1勝2敗と負け越し、決勝および3位決定戦に駒を進められなかった【Getty Images】

     世界一を目指してきた、若き侍ジャパンの戦いが終わった。


     スーパーラウンド最終戦、7日のオーストラリア戦に勝利すれば、上位進出へわずかな可能性を残していた。それだけに「今日はまず勝つことが全て」と奮起して挑んだが、5回無安打無失点ピッチングを見せた南アフリカ戦(8月31日)以来、7日ぶりの先発となった浅田将汰(有明)が2回に4点を失った。


     とはいえ、許したのは快音の響く鋭い当たりではなく、三塁手の石川昂弥(東邦)の後逸や、遊撃手の武岡龍世(八戸学院光星)が捕れそうな打球を捕球できずに中前に転がった当たりが安打となり、失点につながった。2番手の前佑囲斗(津田学園)、3番手の池田陽佑(智弁和歌山)がピンチを背負いながら粘投するも、最後まで打線が援護できず1対4で敗れた。

    「投手ができる選手を優先したい」

    韓国戦で満を持して先発した佐々木だが、右手血マメの影響でわずか1回で降板した(写真は永田監督が佐々木の様子を見るためにマウンドへ向かった場面)
    韓国戦で満を持して先発した佐々木だが、右手血マメの影響でわずか1回で降板した(写真は永田監督が佐々木の様子を見るためにマウンドへ向かった場面)【Getty Images】

     大会を通し、目についたのはこういった失策に近い安打や、守備のミスが結果的に失点につながったことだ。


     掘り下げて言うと、今回の代表選手は、投手、もしくは投手ができる選手を優先して選考されている。理由は、「10日間で最大9試合を戦わなければならない過密日程」と、「球数制限が設けられている」からだ。


     選ばれた選手の顔ぶれを見ると、まず「夏の甲子園で優勝した履正社の選手がいない」という声をよく聞いたが、実は履正社の選手数名も選考のテーブルには挙がっていた。だが、「投手ができる選手を優先したい」という現場の意向で、投手兼任の選手を選考するに至ったのだ。


    「投手はいるに越したことはない」という思いでこの選考となったとはいえ、最速163キロの剛速球を持つ佐々木朗希(大船渡)や、夏の甲子園準優勝投手の奥川恭伸(星稜)、154キロ右腕の西純矢(創志学園)らの顔ぶれを見るように、今年は投手力が充実していた。


     実際、奥川は甲子園の疲労、佐々木は大学代表との壮行試合時に発覚した血マメの影響で、オープニングラウンドは登板を見送る事態も起きた。それでも西や宮城大弥(興南)、飯塚脩人(習志野)、林優樹(近江)ら「投手」として登録されたメンバーが奮起してマウンドに立ち、大量失点を喫する場面はほとんどなかった。


     佐々木の血マメに関してもさまざまな意見があるが、スーパーラウンド初戦のカナダ戦で奥川が快投を続ける中、継投はどうなるか注目された。ブルペンは展開ごとに飯塚や宮城、そして僅差だと佐々木が登板する可能性もあり、慌ただしく動いていた。


     だが、7回に追加点が入ったところで、8回からマウンドに立ったのは飯塚だった。佐々木は僅差を想定して相当数の投げ込みを行っており、その影響が翌日先発した韓国戦に出てしまったのかもしれない。展開が読めなかったとはいえ、首脳陣の起用法も明確ではなく、肩を作ってはベンチに戻り、そしてまたブルペンへ……という投手も何人か目に付いた。マウンド以外での“負担”が試合に影響していないとは言えなかったように思う。

    響いた「本職不在」

    内野手7人のうち6人が遊撃手。慣れないポジションを守る選手が続出していた(写真は東邦・熊田任洋)
    内野手7人のうち6人が遊撃手。慣れないポジションを守る選手が続出していた(写真は東邦・熊田任洋)【写真は共同】

     守備面に目を移すと、まず「本職不在」のポジションの影響が大きかった。


     今回は内野手7人のうち、遊撃手が6人選ばれている。坂下翔馬(智弁学園)は2年夏までは二塁手だったため二塁を守るのは良しとしても、慣れない一塁手を韮沢雄也(花咲徳栄)が主に務めることになった。


     国際大会は慣れないグラウンドコンディションや雨などの影響もあって、日本ではなかなかないボールの跳ね方をすることもあり、捕球には難しさに難しさを重ねた。送球する方も逸らすまい、とより慎重になってしまい、ミスにつながる場面も散見された。


     反対に外野手はわずか2人。遊撃手の森敬斗(桐蔭学園)が正中堅手となったが、ここにも「投手優先」の選考が影響している。2年生ながら選考された鵜沼魁斗(東海大相模)は出場機会が少なく、アメリカ戦で本塁打を放った横山陽樹(作新学院)もフルでスタメン出場したわけではない。


     外野は森が軸となっていたが、打撃のいい正外野手をもう1人でも選考しておけば、外野手を兼任した西や宮城への負担も軽減されたかもしれない。

    2年生の選考は是か非か

    横山(写真)や鵜沼といった2年生もメンバーに入ったが、秋季大会との折り合いは各都道府県レベルでも必要になる
    横山(写真)や鵜沼といった2年生もメンバーに入ったが、秋季大会との折り合いは各都道府県レベルでも必要になる【Getty Images】

     それともうひとつ。毎年ささやかれているのが、2年生の選考の是非だ。


     国際大会が開催されるこの時期は、来春のセンバツ出場への重要な参考資料となる秋季大会の時期が被るため、2年生で候補に挙がった選手がいても断る学校も少なくない。選ぶ側も慎重になるのは当然のことだが、最近だと17年のW杯カナダ大会で藤原恭大(大阪桐蔭〜千葉ロッテ)と小園海斗(報徳学園〜広島)が2年生ながら代表に選ばれ、1・2番コンビを組むなど大活躍した。


     今回選ばれた2年生は出場機会が少なかったため、「選ぶ必要があったのか」という声もある。鵜沼の在学する東海大相模は、7日に秋季大会初戦を迎えていることもあったからだ。ただ、昨年のアジア選手権では、2年生で唯一選考された奥川もマウンドに立つ機会は少なかったが、宿舎で同部屋だった根尾昂(大阪桐蔭〜中日)の姿勢に刺激を受けて秋以降に急成長。現在のように、世代を代表する投手になったケースもある。


     たとえ試合に出られなかったとしても、代表チームの空気を体感することで今後の彼らのプレースタイルに影響を及ぼすものは多く、チームに持ち帰って生かされる要素はあまりにも多い。


     ちなみに日本高野連の竹中雅彦事務局長によると、日本高野連として各都道府県の連盟に下級生で選ばれた選手や監督がいる場合は、大会の日程などを考慮してもらうよう毎年お願いはしているという。あとは都道府県レベルで、日の丸を背負って日本代表としてプレーすることがいかに誇らしく名誉であることなのかを、大会運営側がしっかり理解しなくてはならない。

    世界の大舞台へどう目を向けていけるか

    今回のメンバー20人。例によって甲子園終了直後にチーム形成を余儀なくされた。日本の高校野球は甲子園がすべてと言っていいほど大きなものだが、今後、世界の大舞台にどう目を向けていくのか
    今回のメンバー20人。例によって甲子園終了直後にチーム形成を余儀なくされた。日本の高校野球は甲子園がすべてと言っていいほど大きなものだが、今後、世界の大舞台にどう目を向けていくのか【Getty Images】

     木製バットの対応は、もう毎年言われ続けていることだ。


     昨年10月に国際大会のプロジェクトチームを発足。今年から木製バット対策や国際大会に向けた研修も含め、4月に3日間の一次候補合宿を行うなど、国際大会への意識は高まっている。


     だが、夏の甲子園後にメンバーを招集して合宿するなど、チーム形成の時期が短いことも課題だ。日本の高校野球はやはり甲子園の存在が大きい。それでも高校野球界全体で、世界の大舞台へどう目を向けていけるか。甲子園の先にある世界の頂に立つには、一つひとつの課題と向き合い、議論を重ねながら迅速にクリアにしていく必要がある。

     

    2cbed76802f42c1b505f8221a1de32ec

    全体5位、残念ではあるが仕方がない・・・だが

    「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし 」
    松浦静山の随筆集『甲子夜話』の中の一節である。
    プロ野球のレジェンド野村克也氏の座右の銘でもある。

    何がヤバかったのか

    なぜかブルペンで投げさせまくったため指のまめができ、試合では1イニングしか使えなくなってしまう。

    遊撃手ばかり6名。

    外野手はピッチャーが。
    捕手は少数で。

    慣れないチームでのなれないポジション。
    仕方がない。

    ちょっとかわいそう。

    高校野球で疑惑のあったプレー。
    選手が拒否したため未遂に。

    はっきり終わった負け試合の後無駄なVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)のために、選手がただのさらし者に。

    しかもモニター検証のため顔の前で四角い図形を作るハンドサインでVARの要求をするものだが、顔の横でせんだみつおナハナハみたいなポーズをするので、審判が理解するのに時間がかかってしまう。

    甲子園大会を優勝した履正社高校から明らかに強力な選手たちが選出されなかった、その理由は・・・・



    今大会の監督は元報徳学園(兵庫)の監督だったため、その人と、なりを知る大阪の学校である履正社高校の監督が拒否させたのではないか。

    監督がすごくパワハラだった、らしい

    ミスをすると「やることやれや!」と大声で怒鳴りつけた。

    大会期間中は球場から宿舎に戻るバスの車中で「14万人の代表という自覚のないヤツはユニホームを脱げ」とも言った。

    決勝ラウンドを控えた9月4日の夜、夜の街へ繰り出した。
     釜山広域市の超有名焼き肉店、グルメサイトの評価も高く、著名人のサインがズラリと並ぶ。


    40人の選手たちなどで150人前の肉を食べまくる。
    唯一のいい思い出だった・・・

    試合後の記者会見でも事件

    学んだこと

    肩書にごまかされないで人を見よう。
    いい勉強したと考えるしかない。

    8E6D7D7E-6072-4FED-958C-192A9E0589E4

    U-18W杯(8月30-9月8日=韓国・機張)で5位と惨敗した高校日本代表。采配への批判も大きかった永田裕治監督(55)=前報徳学園監督=が、試合中に“サイン盗み”を指示していたことが明らかになった。



     高校球界関係者によると、サイン盗みの指示があったのは、日本の最後の試合となった2次リーグ・豪州戦(7日)。同関係者は複数の代表選手から「永田監督から『走者として二塁に行ったら打者にサインを送れ』と指示された」と明かされたという。


    8DA57A23-8404-4E0E-9DCE-E0DAD9706762

     走者やベースコーチが、捕手のサインや構えを見て打者に球種やコースを伝える行為は、スポーツマンシップに反するとされ、日本の高校野球では1998年から禁止され、疑いがあれば審判団が当該選手やベンチに注意を与えている。プロ野球でもセ、パ両リーグがアグリーメントで明確に禁じている。

     国際大会ではアンリトン・ルール(暗黙の了解)違反に属するが、こうした行為が発覚した場合、打者が報復死球を受ける恐れもある。



     豪州戦では選手が指示を拒絶したため、実際にはサイン盗みは行われなかったというが、もし指示に従い、発覚していれば、国際的な批判を免れなかったところだ。

     今大会のメンバーには星稜の奥川恭伸投手、山瀬慎之助捕手、習志野の飯塚脩人投手が今春の選抜でサイン盗み疑惑騒動に巻き込まれた経緯があり、その選手たちの目の前でサイン盗みを指示するのは理解に苦しむ。

     日本高野連は昨年のU-18アジア選手権前と今大会前に、国際審判員による説明会を設け、選手に対し、大量得点差でバントや盗塁を行わないなどのアンリトン・ルールについて注意を喚起してきた。

     しかし永田監督は昨年、「書いていない禁止行為の明示はしてほしくない」と不満を漏らし、「バントや盗塁はベンチからの指示で行うこと。選手の判断に任せることはない」と強調。

     今大会でも初回無死一塁でバントを度々指示したが、これも特に若い世代の国際大会では、将来的な進歩につながらないとされ、タブーとされていると説明を受けたはずの作戦だ。

     豪州戦では選手の良心に救われたが、今後へ向けて国際感覚とスポーツマンシップを持ち合わせた指導者が求められているのではないだろうか。

    このページのトップヘ