オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    カテゴリ:野球 > 大学野球

    201906250002-spnavi_2019062500010_view

    2019年ドラフトの注目選手をご紹介していきます!

    今回は明治大学の森下暢仁(もりした まさと)です。

    動画を見た瞬間、「ドラフト1位だな」という感想でした。

    最速154km/hのストレートは質が良く、落差の大きなカーブや多彩な変化球もあり完成度が高い投手です。

    プロ野球選手で言えば、楽天の岸や阪神のメッセンジャーに近いタイプですね。

    今回はそんな明治大学 森下暢仁の経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します!

    森下暢仁(明治大学)の経歴は?

    まず、明治大学 森下暢仁の経歴をみてみましょう。

    森下暢仁の経歴
    • 名前:森下暢仁(もりした まさと)
    • 出身地:大分県大分市
    • 生年月日:1997年8月25日
    • 身長:180cm
    • 体重:74kg
    • 投打:右投右打
    • ポジション:投手
    • 経歴:明治少年野球クラブ(大分県大分市明治北小)→ 大分県大分市大東中 → 大分商業 → 明治大学

    森下暢仁は投手経験がすくない!?

    明治北小の3年生時から、明治少年野球クラブで野球を始めました。

    大東中では投手を務めていましたが、肘を故障して野手に転向

    しかし、大分商業に進学後は、監督のすすめで投手に挑戦しますが、2年生時には再び野手へ転向しています。

    2年生秋からは再び投手に挑戦するという、投手経験がまだまだ少なく、伸びしろが大きい選手であると言えますね。


    森下暢仁は高校生からプロ注目だった!

    e37d6942cdb3121d70f6a4783a5451c0_1561270192_2
    そして、三年生夏の選手権予選では全5試合に登板するも決勝で敗退。

    しかし、その夏のU-18日本代表には甲子園不出場ながら選出されています。

    この時から既にプロスカウトから注目され、指名確実と言われるほどでした。

    しかし、プロ志望届は提出せず進学しています。

    森下暢仁は三年生春に最速154km/hを記録!

    明治大学進学後は、1年生時の右肘の骨折もあり出遅れましたが、2年生春からリーグ戦に出場し、防御率ランキング2位に。

    3年生春にはエースとして、154km/hを叩き出し、話題となっています。

    国際大会も2年生から全ての大会で選出されており、大学生トップレベルの実力の持ち主であることがわかります。

    森下暢仁はエース&主将としてリーグ優勝に貢献!

    4年生からは主将としてチームをけん引します。

    ちなみに、投手の主将は中日の柳以来だそうです。

    リーグ戦では8試合に登板し、4勝1敗、防御率2.03という安定感で、チームを優勝に導きます。

    明治大学の優勝は2016年秋季リーグ、あの中日の柳やヤクルトの星が活躍した年以来です。

    個人タイトルでは、最優秀防御率をドラフト2019候補である田中誠也に阻まれましたが、ベストナインとMVPを獲得しました。

    全日本選手権でMVP&最優秀投手賞で明治大38年ぶりの優勝へ!

    2019年の全日本選手権では、明治大学38年ぶりの優勝に導く素晴らしい活躍でMVPを獲得。

    2試合に先発し、18イニングで失点はわずか1のみでした。

    最優秀投手賞も獲得し、まさに森下の為の大会と言っていい、圧巻の投球でした。

    すでに、大学侍ジャパン候補にも選出されており、日米大学野球でも活躍が楽しみですね。

    ちなみにチームメイトにはドラフト2019候補の伊勢大夢添田真海がいます。

    森下暢仁(明治大学)の成績は?

    続いて森下暢仁の成績です。

    2019年春季リーグ終了時点の成績となっています。

    森下暢仁の成績
    • リーグ戦通算成績:35試合、210 1/3投球回、防御率2.78、13勝9敗、202奪三振、65四死球
    • 国際試合:10試合、50投球回、防御率1.98、4勝1敗、55奪三振、13四死球
    • 2019年春季リーグ:8試合、53 1/3/投球回、防御率2.03、4勝1敗、63奪三振、13四死球
    • 2019年全日本選手権:2試合、18投球回、防御率0.50、2勝0敗、14奪三振、2四死球

    リーグ戦通算成績は防御率2.78とまずまずですね。

    奪三振8.64という高い数字なので、三振が多く取れる投手であることがわかります。

    四死球率は2.78なのでまずますといった数字ですが、2019年春季リーグでは四死球率2.19なので、制球力が向上しているようですね。

    国際試合では防御率1.98という非常に安定した成績です。

    奪三振率も投球回を超える数字で、四死球率も2前半なので、素晴らしい投球をしていますね。

    4年生の春季リーグでも防御率2.03という素晴らしい安定感を披露しており、順調に成績を伸ばしていることがわかります。

    森下暢仁(明治大学)の特徴は?

    続いて森下暢仁の特徴です。

    まずは動画を見てみましょう。

    これをみて「良い投手だなぁ~」というのが正直な感想です。

    ゆったりとしたフォームからタメを作り、上から投げ下ろすフォーム。

    まずストレートの質が非常に良いという点が目につきます。

    森下暢仁のストレートはNPBでもトップレベル!

    シュート回転せず、一直線にキャッチャーミットに吸い込まれていますね~

    速球で空振りが取れており、ストレートはすぐにでもプロで通用するでしょうね。

    体を傾けて、腕を縦に振れているので、回転軸が水平に近い為、回転の質が良いのでしょう。

    上記の動画を見ると回転数が2,500回転ということで、MLBでもトップクラスの数値です。

    回転の質も良いでの、NPBでもMLBでもトップクラスのストレートと言えるでしょう。

    ちなみにストレートの最速は154km/hです。

    森下暢仁の凄さはこれだけではありません。

    森下暢仁の緩急の効いた大きく曲がるカーブ!

    それは、落差が大きく緩急の効いたカーブです。

    110km/h前後の縦に大きく変化するカーブをしっかり低めに投げられており、非常に厄介ですね。

    打者がついつい空振りしてしまっていますよね~

    勢いのある速球と、このカーブを見せられたら、打者はどうしようもないでしょう!

    回転数は約2,800rpmで回転軸が地面と水平でトップスピンが掛かっています。

    楽天の岸は約2000rpmなので、それ以上のカーブと言えそうです。

    なので、抜くタイプのカーブの中ではNPBでのNo.1と言っていいかもしれません。

    森下暢仁は多彩な変化球!

    他にもカットボール、チェンジアップを投げています。

    カットボールはは140km/h前後で、小さく横に曲がったり、縦に大きく変化しています。

    これは、回転軸が進行方向と一緒であるジャイロ回転になっているからでしょう。

    ジャイロ回転していると、軸方向のバラツキで変化の仕方が変わります。

    意図して回転軸を調整しているわけではないでしょうが、打者からしたら厄介なボールですね。

    さらに、125km/h前後のチェンジアップは落差はあまりないものの、球筋がストレートと似ているので見極めがしにくそうですね。

    いわゆる、回転数が約2,000rpmということで多く、日本ハムの金子千尋のチェンジアップに近いボールと言えます。

    変化球も多彩で完成度が高いことがわかりますね。

    森下暢仁はまずまずの制球力

    成績の項で紹介したように、制球力は年々上昇しています。

    動画を見ても、概ね捕手の構えたコースに投げられており、制球力はまずまずといった印象ですね。

    変化球も全体的に低めに投げられており、精度良く投げられています。

    四球で崩れるタイプの投手ではないことがわかりますね。

    森下暢仁の特徴まとめ!

    以上の特徴をまとめると、

    特徴まとめ
    • 最速154km/hの質の良いストレート
    • 天下一品のカーブ
    • カットボール、チェンジアップと多彩な変化球
    • 制球力はまずまず

    です。

    なんといっても最速154km/hの質の良いストレートが魅力の本格派右腕です。

    それに加えて、緩急の効いた大きなカーブやカットボール、チェンジアップと変化球も多彩です。

    制球力もまずまずで、非常に完成度が高い投手であることがわかります。

    また、体格も180cmで74kgなのでまだまだ細いです。

    下半身が出来てくれば、もっと安定感は増すでしょうね~

    これからの成長がすごく楽しみな選手です!

    森下暢仁(明治大学)のスカウト評価と考察

    PkAePoUT8p6GCbj1547959229_1547959242-281x300
    続いて森下暢仁のスカウト評価です。

    コメントが多いので代表的なコメントをご紹介しますね。

    スカウトコメント
    • 広島・尾形スカウト:「常時140キロ台後半の真っすぐ、大きく割れるタテのカーブが特徴。 カットボールとチェンジアップを加え、いつでもストライクが取れる球種がいくつもあります。 コントロールが良く、フィールディングや牽制といった投球以外も素晴らしい。 1年目から10勝できる。完成度の高い投手です」
    • ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク:「来年のローテーションを考えていくか、3年後を見るかということで変わるが、現時点で即戦力では森下が一番」
    • 巨人・長谷川国利スカウト部長:「どの球種でもストライクが取れるし、緩いボールも操れる。キャンプでけががなければ、1軍のローテーションでしょう」
    • 横浜・吉田孝司スカウト部長:「即戦力投手の中ではNo.1」
    • 中日・米村アマスカウトチーフ:「即戦力右腕としてはナンバーワン。決め球となる一流のボールを持っている。タイプ的には楽天・岸。1位で競合する選手になった」
    • 阪神・畑山統括スカウト:「勝負どころで投げミスもなかった。(大学生投手では)トップクラス。伸びしろもある」
    • 西武・渡辺久信GM:「(森下も)1位競合でしょう。佐々木か森下か。総合力、即戦力ではNo・1」
    • ホークス・宮田スカウト:「これまでは150キロの球がシュート回転していた。それがなくなった。カットボールでも141キロ。チェンジアップもいい。リーグ戦以上の投球を全国大会で見せてくれた。」
    • 日本ハム・大渕スカウトディレクター:「大学生では1番かも」
    • オリックス・古屋英夫編成副部長:「今すぐにでも欲しいくらい」
    • ロッテスカウト:「野球に対してすべての面でセンスがいい。ドラフト1位候補です」
    • 楽天・後関スカウト部長:「昨秋に比べ、意識して真っすぐを低めに投げ続けられている。即戦力としてみればナンバーワン」
    • フィリーズ大慈弥功・環太平洋担当部長:「メジャー級ですね。既に東洋大の3人衆に近づいているし、間違えなく来年競合する。過去の日本人投手にいないタイプ」

    以上から

    スカウトコメントまとめ
    • 2019年ドラフト一位候補
    • 2019年ドラフトで競合の可能性あり
    • 即戦力としてはNo.1
    • 一年目からローテ入り

    といった内容にまとめられます。

    どのコメントも非常に高い評価で、一位候補としている球団が複数球団あります。

    特に、広島・巨人は一年目から活躍できるという評価です。

    2019ドラフトでは即戦力No.1の評価と言っていいでしょうね。

    2019年ドラフトでは一位指名確実です!

    場合によっては競合の可能性もありそうです。

    森下暢仁(明治大学)のまとめ

    以上が明治大学の森下暢仁の経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。

    高校生から注目選手でしたが、大学でも順調に成長していますね。

    あの勢いあるストレートと緩急の効いたカーブを持っていれば、即プロで活躍出来るはずです。

    1年目から二けた勝利も十分可能でしょう~

    まだまだ体が細いので、しっかり下半身を強化して、怪我無く順調に成長していって欲しいですね。

    将来は球界を代表する選手になることを期待しています!

     

    show_img
    ドラフト直前インタビュー、主将を任されたことで人間力を培った

     今秋のドラフト1位候補に名前が挙がる明大の森下暢仁投手。大分・大分商時代から高校日本代表に選ばれる逸材だったが「プロで通用するか不安だった」と同級生がプロに進む中、明大に進学。着実に力を付け、4年春のリーグ戦を5季ぶりに制し、全日本大学野球選手権では38年ぶりとなる優勝を成し遂げた。大学NO1投手の称号を手にし大船渡・佐々木朗希投手や星稜・奥川恭伸投手らと並んでスカウトの評価はトップクラス。「今は早くプロでやりたい」と不安を自信に変えた4年という月日を振り返った。

     大分・大分商では、甲子園大会での登板はないもののU-18日本代表に選出されるなど、当時から注目を集めていた。しかし、プロ志望届を提出せず明大に進学。4年春のリーグ戦では4勝1敗、防御率2.03の好成績でチームを優勝に導き、全日本大学野球選手権でも日本一に輝いた。

    「リーグ戦の初戦を落とした時はストレートを打たれてしまっていたので、変化球をしっかり投げきることを意識したら内野ゴロが増えました。真っ直ぐには自信があったので、真っ直ぐで押すところは押していこうと思っていたのですが、痛打されることがありました。変化球を上手く使えたことが、春はよかったんじゃないかなと思います」

     球速も変化球も高校の時とは全く違うものになったと手ごたえを感じている。下級生の時は勝利数を伸ばすことができずに悩んだこともあったが、4年春に結果を出したことで、ようやくプロへ行ける確信を掴んだ。

    「それまでは全然、勝ててなくて、上手くいっていませんでした。この春、結果が出れば、自信になると思っていた。春の結果で自分はほっとしたというのが一番です。高校の時に比べたら今のほうが自信をもってプロでやりたいなと思えている。今はプロで早くやりたいです」
    無題

    主将としてもチームを引っ張る森下、見本にしたのは自身と同じく投手兼主将を務めた柳裕也

     大学で成長したのは、ピッチングだけではない。チームでは主将を務めるため、人前で話をする機会も多い。話す内容を考えるようになったことで、野球でも考えてプレーすることができるようになった。

    「人前でしゃべるのが得意じゃないので、それがきつかったです。前日に考えて、みんなと話をしてヒントもらったりして、最初に比べればまぁまぁ上手くなったかなと思います。ピッチングもそうですし、人としていろんなことを考えられるようになりました」

     1年生の時、自身と同じく投手で主将を務めていた柳裕也投手(中日)から学ぶことが多かった。柳は4年生の時に春・秋リーグ戦優勝、明治神宮大会でも優勝し、結果を出した者が上に立って引っ張っていくということを自らの姿で示していた。

    「柳さんたちは見本となる4年生でした。結果を出してやるべきことやっていないと周りはついてこないし、言えない。あの代は柳さんだけでなく4年生が率先して動いていました。なので、バッティングの準備など自分が率先してやりました。人前でしゃべることも、プレーも、責任をもってやったらみんながついてきてくれた。やるべきことをしっかりやればいいということがわかりました」

     14日から秋のリーグ戦が開幕した。リーグ戦期間中にドラフトを迎えるが、「今やることをやっていれば結果はついてくると思っている」と、特に意識はしていない。4年間でピッチングだけではなく、人としても成長を遂げた右腕は、大学生活を春秋連覇という最高の形で締めくくるため、神宮のマウンドに立つ。


    このページのトップヘ