オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    カテゴリ:野球 > メジャーリーグ

    20190921-00545870-fullcount-000-7-view

    ■カージナルス 3-2 カブス(日本時間23日・シカゴ)

     カブスのダルビッシュ有投手が22日(日本時間23日)、本拠地カージナルス戦に先発し、9回途中7安打3失点12奪三振無四球と好投したものの、8敗目(6勝)を喫した。5連敗で首位カージナルスと6ゲーム差、ワイルドカード争いでも圏内のブルワーズと3ゲーム差と絶対に負けられない状況で迎えた一戦で元巨人マイコラスと投げ合い、8回まで1失点に抑える圧倒的な投球を披露。しかし、1点リードの9回に2失点を喫して逆転を許し、110球で無念の降板となった。カブスは2-3で敗れ、痛恨の6連敗で地区優勝の可能性が完全に消滅した。
     また、元巨人のマイコラス投手は8回2失点とほぼ互角であった。
    294386

     ダルビッシュは初回、ファウラー、エドマンを連続三振に仕留めると、ゴールドシュミットは遊ゴロで3者凡退のスタート。すると、カブスはその裏にマイコラスから死球とヒットでチャンスを作り、捕手モリーナのパスボールで先制した。

     2回もモリーナとカーペンターを連続三振に仕留めるなど3者凡退。3回は先頭デヨングに同点の29号ソロを浴びたが、ベイダー、マイコラスを連続三振、ファウラーを投ゴロに打ち取った。4回は1安打を浴びながら無失点。5、6回はいずれも2三振を奪って3者凡退に仕留める。すると、カブスはその裏に先頭カステラノスの27号ソロで勝ち越しに成功した。

     リードをもらったダルビッシュは7回先頭のエドマンに左前打を許すも、ゴールドシュミットを空振り三振、オズナは投ゴロ併殺打に仕留めて無失点。8回は1死からカーペンターに右前打を打たれたが、デヨングは空振り三振、ウィータースは三ゴロに打ち取った。その裏は先頭で打順が回ったが、96球を投げていたダルビッシュは打席に立ちニゴロ。9回もマウンドに上がった。

     しかし、最終回は先頭の代打マルティネスのセンターへの大飛球を名手アルモラがグラブに当てながら捕球できず、三塁打を許す。続くファウラーは中堅への犠飛で同点。さらに、エドマンに右前打と二盗でチャンスを作られ、ゴールドシュミットには三塁線を破る適時二塁打を浴びて逆転を許した。ここで無念の降板。だが、ダグアウトに向かうダルビッシュは本拠地のファンからスタンディングオベーションで迎えられた。

     カブスは逆転できずに敗戦。ダルビッシュは移籍後最長の8回1/3を投げ、7安打3失点12奪三振の好投を見せたものの、勝利はつかめなかった。この日は110球を投げてストライクは82球、防御率3.98。ブルワーズが勝ったため、6連敗のカブスはワイルドカード圏内にも4ゲーム差に。プレーオフ進出へも極めて厳しい状況に追い込まれた。一方、マイコラスの8回途中2失点の力投を勝利につなげたカージナルスは、4年ぶりのプレーオフ進出を決めた。



     

    prm1908190010-p1

    13日は14奪三振&18日は球団新含む13奪三振、カブス史上6人目の217奪三振

     

     17日(日本時間18日)の登板で、7回6安打4失点という結果だったレッズ戦では、球団新記録となる8連続三振を含む13個の三振を奪い、圧巻の“奪三振ショー”も演じていた。初回にいきなり3点を失ったダルビッシュだったが、圧巻だったのは2回1死からの投球。投手のグレイを見逃し三振に仕留めると、そこから怒涛の8者連続三振。4回まで12個のアウトのうち、11個の三振を奪う圧倒的な投球を展開した。

     ダルビッシュは前回登板の12日(同13日)敵地パドレス戦でも6回を投げて2安打無失点、14三振を奪取。2試合続けての奪三振ショーが米メディアの間でも話題となっていた。

     今季、ダルビッシュの奪三振数は「217」となっているが、これはカブス史上6人目だという。MLB公式サイトのジョーダン・バスティアン記者はツイッターで「ユウ・ダルビッシュは、今シーズンここまで217の三振を奪っている。これが、1900年以降、1シーズンで、少なくともこの数字に達したカブスの投手のリストである」と紹介。

    ダルビッシュの前にはファーガソン・ジェンキンス (5回)、ケリー・ウッド(4回)、トム・ヒューズ(1回)、マーク・プライアー(1回)、ジェイク・アリエッタ(1回)が到達していることを伝えた。



     さらに、「MLBランダムスタッツ」のジェレミー・フランク氏は、ダルビッシュが8者連続三振を奪ったレッズ戦の4回終了時点に「ユウ・ダルビッシュは、彼が投げた直近の9イニングで24三振を奪った。それぞれのイニングで見ると……」として、パドレス戦の2回からの9イニングの奪三振数の一覧をツイッターに載せている。

    「3三振、2三振、2三振、3三振、3三振、3三振、2三振、3三振、3三振」

     アウトの89%が三振とあって、その内容はまさに驚異的。


    投げれば三振を取れるダルビッシュ有。

    驚異の奪三振能力に注目が集まる!!!


    thumb-12133-539465-sports

    イチロー氏の5分間の英語スピーチに米ファン感動

    マリナーズは14日(日本時間15日)、球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式を行い、会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏が表彰された。

    現役生活に終止符をうったイチロー氏の輝かしい実績

    イチロー氏は日本で9年、アメリカで19年、計28年間の現役生活を送り、メジャーで通算3089安打、日米通算では“世界一”の通算4367安打をマーク。今年3月21日の東京ドームでのアスレチックス戦を最後に現役を引退した。

    イチローさんの引退セレモニー@シアトル 英語のスピーチが素晴らしかったです pic.twitter.com/u8yPCUrnCh

    イチローの引退セレモニーの記念撮影で、やっぱりイチローの横にバッチリ陣取るイチロー大好き人間のゴードンが可愛い笑 pic.twitter.com/QTdqcz2A7b

    イチローさんの笑顔がたくさん見ることが出来た素晴らしいセレモニーでした!!!!! pic.twitter.com/ndssUyyagT

    イチロー氏の偉大な功績を称えるセレモニーが、本日マリナーズの本拠地で行われました。セレモニーでは、英語によるスピーチを披露。東京ドームでの引退試合を思い出しますよね? atmlb.com/2kfJv76 #日本人選手情報 pic.twitter.com/7p1cFWbD3M

    イチロー氏はすべて英語で行ったスピーチで「2001年に私がシアトルに来た時、それまで、日本から来た野手は誰もいませんでした。皆さんが見たのは、27歳の、小柄で、細い、無名の選手でした。皆さんが私を受け入れない理由は多くありました。しかし、大きな心で私を受け入れてくれました」とシアトルのファンに感謝。さらに、「私が知っている最も素晴らしい選手たちと共に、または、そのような選手たちを相手にプレーできたことは、大きな誇りです」と自身と同じメジャーリーガーへの敬意も示した。

    現地観戦したファンも大興奮!

    たまたま見に行ったゲームが イチローのセレモニーの日 だったなんて!!!! どんなけラッキー野郎なのだろう 本当に日本の誇りです⚾️ #thankyouichiro pic.twitter.com/zji9zjCtTP

    チャレンジする人を笑う 生き方ではなく、 チャレンジしてる人には、 尊敬を。 自分のチャレンジを 笑う人は相手にせず、 信じたことをコツコツと こなし、 笑った人に、 「スゲェーな」 って言われるように 【イチロー】 名言 「悔しい歴史から生まれてきたもの」 youtu.be/EOcvapOaFZs @YouTube

    イチロー マイケルジョーダン The first meeting of Ichiro and Michael Jordan 1995 youtu.be/3fiEbEFfIvw @YouTubeさんから

    イチローさんって偉人エピソード数々なんだけど、読んでた雑誌の高校時代のエピソードに感服しました。 情熱やら責任感やら大人でも出来ないことを高校の頃から当たり前でやってたんだな。いずれは日本で指導者になってほしいです。 pic.twitter.com/wNCjojO6Jw

    〜名言〜

    自分自身が何をしたいのかを、忘れてはいけません。by イチロー

    "僕を天才と言う人がいますが、僕自身はそうは思いません。毎日血が滲むような練習を繰り返してきたから、いまの僕があると思っています。僕は天才ではありません。" イチロー

    びっくりするような好プレイが、 勝ちに結びつくことは少ないです。 確実にこなさないといけないプレイを 確実にこなせるチームは強いと思います。 - イチロー -

    夢を掴むことというのは 一気には出来ません 小さなことを積み重ねることで いつの日か 信じられないような力を出せるようになっていきます イチロー

    確実に将来の夢だ と考え始めたのは 小学校3、4年生ぐらいかな。 僕にとって プロ野球選手は全員 がヒーローでしたから    (イチロー)

    「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」(イチロー)

    イチロー選手おつかれさまです 何かのメディアで「努力は報われると思いますか?」って質問に 「自分が努力していると感じている間はダメだな他人からは努力している様に見えるけど自分はただ好きでやってるだけ、この状態になれば後は勝手に成功する」って言葉が印象に残ってる #イチロー #御堂組

    【イチロー英語スピーチ披露!米ファン感動の渦!最後の名言がかっこよすぎるwww】の続きを読む

    10FF624B-1ACC-4C29-8F2A-C8AFBA228DB2

    エンゼルスは15日(日本時間16日)、主砲のマイク・トラウト外野手が近日中に右足の神経腫の除去手術を受けると発表。全治まで2週間かかる模様で、残り2週間余りとなったペナントレースでの復帰は絶望となった。

     トラウトは今季自己最多でリーグトップの45本塁打、打率2割9分1厘、104打点。また、4割3分8厘の出塁率もトップで、3度目のMVPの可能性もあった。

     エンゼルスは9月に入り大谷翔平投手が左膝蓋骨の手術を受け、ジャスティン・アップトン外野手も戦列離脱と通常は2番、3番、4番を任される主軸が今季絶望という異常事態となっている。

    7030B19F-D553-489A-9221-182304B5F4C8

    大谷翔平

    8373E4AC-0B45-456F-A532-5646A48023AD

    アップトン


    【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスは12日、大谷翔平選手(25)が13日に左膝蓋骨の手術を受けると発表した。全治8~12週間の見通しで、今季中の復帰は絶望となった。

     昨年10月に右肘の手術を受けた大谷選手は、今季は打者に専念して106試合に出場し、打率2割8分6厘、18本塁打、62打点、12盗塁をマーク。11日のインディアンス戦にはフル出場して本塁打を放っていた。




    【【悲報】大谷翔平左ひざ手術発表!今季絶望…。】の続きを読む

    このページのトップヘ