オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    カテゴリ:野球 > 高校野球

    甲子園で春夏連続4強入りした明石商が、第92回センバツ高校野球大会の重要な参考資料となる秋季兵庫県大会の初戦に臨み、10安打で11得点を奪い、7回コールド勝ちした。

     試合後、明石商の狭間善徳監督(55)は、最速151キロ右腕の中森俊介投手(2年)が、本人の意思でU―18日本代表を辞退していたことを明かした。「肩、肘に(疲労が)きていたので辞退した。『中森は絶対に欲しい』と言われていたが『夏の甲子園でいっぱいいっぱいです。秋を考えると迷惑をかけたくない』と言った」と、説明した。

     中森はこの試合は7回から登板し、1回を1安打無失点に抑えた。「秋の大会が残っているし、夏の疲労もあった。とても光栄なことですけど、行って戦力にならなかったら意味がない」と、苦渋の決断だったことを明かした。no title
    no title
    【明石商業 2年中森は日本代表を辞退していた?!その理由とは?】の続きを読む

    2019年9月14日、「早稲田実業高校」(早実)が秋季東京都大会への出場を辞退したことが報じられました。


    一体、辞退の理由は何だったのでしょうか?




    早実の辞退について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

    早実(東京)は14日、
    硬式野球部が開催中の秋季東京都大会への出場を辞退すると、
    村上公一校長名の文書で発表した。


    理由を

    「このたび、
    複数の硬式野球部員に問題行動があったことが判明いたしました」

    と説明。
    問題行動の中身について、
    同校の広報担当者は

    「教育上の観点から、
    お話しすることはできません」

    と答えた。
    上記の通り、辞退の理由は「複数の部員による問題行動」でした。

    しかし、問題行動の内容については「教育上の観点」を理由に公表されませんでした。



    ◯世間の反応

    週刊誌にかぎつけられて余計ことが大きくなるから

    ある程度自分たちで発表したほうがいいぞ

    未成年だからこそ言えないような事件起こしたのかな
    隠したって、
    そのうちバレるしダメージが大きい。

    自ら発表したほうが良いのに。
    隠せば隠すほど問題が長引きダメージが大きくなるということをなぜ先人から学ばない?


    何した?野球部員の問題行動とは?



    今回の不祥事に対して、ネット上では「理由を公表しろ」という声が数多く上がっています。

    しかし、一部では「公表できないのでは?」という論調も存在します。

    高校野球はチーム内で問題が起きたら公表しないといけないというルールがある。



    しかし例外もある。

    チームの選手以外に被害者がいる場合。

    もしかしたら今回はそれに当てはまるかもしれない。

    何をやらかしたんだ。
    あくまで非公表なのは、
    学校の名誉のために隠し立てしているのではなく、
    被害者がいる事案で、
    その方の感情を考慮したためと思われます。
    他の学校は全て公表されてるのに公表されないって、
    被害者がいる事案なのでしょうか。。。
    公表せよっていう意見が多いようですが、
    被害者に女子生徒がいる場合の影響(校内の人間関係、マスコミからの執拗な取材から守る)を考えるとやむをえない部分はあると思う。
    上記の通り、不祥事が発生した際に「被害者」が存在する場合、被害者に配慮して問題の詳細が公表されないケースがあるのです。

    そのため、ネット上では被害者の存在が指摘されているというわけです。

    5ch(2ch)では「レ〇プ」や「いじめ」などの可能性が浮上しており、この場合は被害者が存在するため、非公表になる可能性があります。



    過去にも不祥事あり

    早実は過去にも以下の不祥事で大会への出場を辞退していました。

    過去の不祥事
    (1)1960年:部長による部員殴打事件

    (2)1969年:焚火の不始末
    01676B34-8D07-4B85-8DE8-117775B12E69


    早実・清宮福太郎2安打2打点で勝利貢献/西東京 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-… pic.twitter.com/7502qTxNMd

    お兄ちゃんの後輩なんですね。

    日本ハムに入団した清宮だが、プロのスカウトの熱い視線は、はやくも同じDNAを持つ弟の福太郎君(14歳)に注がれている。

    現在、早稲田実業中等部3年生の福太郎君は、来春には兄と同じ早実高への進学を控える。

    現在は調布リトルシニア所属と、今にいたるまで幸太郎とまったく同じ道を歩んできた弟は、兄の背中を強く意識しているという。

    いつかプロに進んだときに、お兄さんと『兄弟対決』になったら面白いんじゃないかと思っています

    甲子園予選でデビューへ、なんと一年生にも関わらず大活躍

    「六番・左翼」で先発出場。第1打席は遊飛に倒れたが、第2打席、4回一死二、三塁から右前へ先制2点適時打。

    また、6回には左中間二塁打と存在感を発揮し(4打数2安打2打点)、6対0と初戦突破に貢献している。

    通算本塁打はまだ1本だが、公式戦デビューは上々。ここまで「高校野球になってピッチャーのコントロールが良い」と感じながらも、中学からフォームを変えることなく我が道を進んでいる。

    頑張れ!!

    様々な声が


    この写真(清宮)福太郎くんなんだけど、 横顔がすんごい兄の幸太郎くんに似てる! pic.twitter.com/gNkQWMO0P4

    注目の清宮幸太郎君の弟、清宮福太郎君(1年生)は鮮烈なデビューとなった。春はクリナップだった茅野君、伊藤君に挟まれた6番打者の彼は本日の早実の先制点は彼が叩き出した。4回裏に彼のライト前のヒットで2点を先制。次の打席で左中間に打球を飛ばし2ベースヒットに。広角に打てる打者として期待。 pic.twitter.com/L9Xna5UpbZ

    #lovefighters 清宮福太郎大会デビューかー まだ1年生だから分からないけど 今後成績によって清宮兄弟が日ハムに入って欲しいけどねーw

    清宮幸太郎の弟の清宮福太郎も高校野球の選手なのか、高校公式戦デビュー&2安打の大活躍おめでとう

    第1試合は早稲田実業が6-0で小平西に勝利!! 1年生清宮福太郎君、2安打2打点の活躍♪ 6番という打順もあるけど4打席全て得点圏のチャンスで回ってくるのも持ってるな〜♪ pic.twitter.com/2MazlJQpRw

    あ?!よく見たら清宮福太郎君はお兄ちゃん(幸太郎)と違って右打ちなんだ。 #高校野球

    船橋悠とは

    斎藤佑樹らと共に、5番レフトとして甲子園を制覇。甲子園後には日本代表として渡米し、国際試合に出場。

    2007年4月に早稲田大学社会科学部へ進学。
    早稲田大学社会科学部を卒業後、2011年4月にソニー株式会社へ入社。主にヨーロッパ市場における海外マーケティングに従事。
    2014年8月にソニー株式会社を退職、転職後は20代を中心としたキャリアコンサルティングに従事。
    2016年1月に株式会社LibertyBridgeを設立。

    船橋の退部を止めれなかったと斎藤佑樹が涙

    斎藤佑樹は同期の船橋の退部を止めれなかった事を今も悔いてて、消えた天才でまさの号泣する場面が。 pic.twitter.com/aDGde0X9Gx

    船橋悠君、会社を興していたのか。 いい男になったね。 早稲田で同じ時代を過ごした人間として嬉しい。斎藤君にも、もうひと花咲かせてほしいな。 #消えた天才


    なぜ?!【早稲田実業が秋季大会辞退】理由不明にネットの声は・・




    早稲田実業秋季大会辞退!

    これで来春のセンバツ出場は絶望的になった。

    一体何があったのか?

    ネットの声が様々です。

    【なぜ?!【早稲田実業が秋季大会辞退】理由不明にネットの声は・・】の続きを読む

    このページのトップヘ