オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    カテゴリ:野球 > 高校野球

    20180924-OHT1I50013-T

    もったいないような、あるべき姿に戻ったような......。なんとも言えない、ある意味では贅沢なコンバートに感じられた。


     2年生ながら星稜(石川)の4番・遊撃手として、今夏の甲子園準優勝に貢献した内山壮真。秋の新チームになると、捕手に転向した。

     もともと星稜中3年時は捕手を守っていた。星稜高校に入学すると1学年上に強肩捕手の山瀬慎之助がおり、内山は1年春から遊撃手として起用された。今夏に山瀬が引退して、再び内山がマスクを被ることになったのだ。

     内山は身長172センチ、体重70キロと小兵の部類に入るが、空手経験者で力の伝え方がうまく、 高校通算26本塁打(9月26日現在)と長打力もある。来年のドラフト候補になる有望選手だ。
    UchiyamaSoma20180713


     遊撃手としても年々技術が向上していただけに、惜しくも感じられる。内山本人に聞いてみると、複雑な心情が読み取れる苦笑を浮かべた。

    「甲子園にも慣れて、本当にやっとショートがうまくなってきたので、あと1年やってみたい思いもありました。でも今は、キャッチャーもショートもどっちもやりたいと思っています」

     遊撃手への未練がある一方で、捕手への愛着も強い。内山は「試合をつくるのはバッテリーですし、勝敗にかかわる緊張感を感じます」とやりがいを感じている。

     星稜の捕手といえば、山瀬のイメージがすっかり定着している。低い軌道から、猛烈なスピードで二塁ベースに到達する送球は、まさに「鉄砲肩」と呼ぶにふさわしい。これまで内山は、遊撃手として山瀬の二塁送球を受け続け、その恐ろしさを味わってきた。内山はきっぱりと、「次元が違います」とうなった。

    「ベース上にドンピシャできますし、強さが自分と比べようがないくらいですから。あらためてすごいなと感じています」

     内山には、山瀬ほど圧倒する肩の強さがあるわけではない。だが、試合中のスローイングを見ていると、遊撃手が二塁ベース上で併殺を奪いにいくようなスムーズなボールの握り換えを見せている。そんな印象を内山に伝えると、神妙な表情で「そこは課題なんです」と言った。

    「ショートでのステップに慣れてしまったので、どうしてもその場でステップして投げてしまうんです。もっと前足に体重を乗せて投げたほうが強さは出ますし、コントロールも安定すると思います」

    今年の4月上旬に開かれた侍ジャパンU-18代表候補合宿には、奥川恭伸や山瀬とともに内山も招集された。その際、首脳陣から突然「キャッチャーをできるか?」と聞かれ、急遽紅白戦でマスクを被ることになった。

    「それまで練習もしていなかったので準備に不安はありましたけど、河野(佳/広陵)さんと組ませてもらって大きなミスなくやれたのでよかったです。ブルペンでもいろんなピッチャーのボールを受けさせてもらって勉強になりました。日本代表候補になるピッチャーはコントロールが全然違います。ストレートは低めにきれいな回転でくるし、変化球も大きくブレることがない。これが代表クラスなんだなと感じました」

     現在バッテリーを組むのは、1年時から経験を積んできた荻原吟哉、寺西成騎の両右腕が中心になる。内山を含め3人とも2年前の侍ジャパンU-15代表メンバー(U15アジア選手権)のエリートだ。とくに高い潜在能力を秘めながら、なかなか殻を破れずにいる寺西が大化けするか否かで、チームの命運は変わってくる。寺西自身の奮起はもちろん、リードする内山の手腕も問われるだろう。

     そして、捕手・内山をもっとも高く評価しているのは、星稜の林和成監督なのかもしれない。林監督は「私はショートよりキャッチャーの適性があると思っています」と断言した。

    「内山が高校に入学した最初の頃から、『内山はキャッチャーだ』と言っていました。山瀬がいたのでチーム事情でショートをやっていましたが、本人とは何度かミーティングして新チームからキャッチャーをやることは話していました」

     林監督が考える、捕手・内山の優れている点はどこかを聞くと、淀みなく称賛の言葉が続いた。

    「山瀬ほどの肩ではないですが、捕ってからの速さとコントロールで十分補えていますし、キャッチングはピカイチだし、インサイドワークも絶妙。状況判断にも優れています。総合的に高いレベルにあるので、キャッチャーとして全国トップクラスでしょう」

     林監督の言葉からは、内山が捕手として必要なものすべてを持っているという自信と信頼がうかがえた。

    それでも、内山に慢心はない。代表合宿では山瀬以外にも藤田健斗(中京学院大中京)、東妻純平(智弁和歌山)らレベルの高い捕手を見てきたからだ。

    「ほかのキャッチャーに比べると、自分は肩の強さもキャッチングも配球の工夫も足りないと感じます」

     まだ2年秋の公式戦を戦っている段階だが、自身の進路については「高卒ですぐにプロにいきたい」とはっきりと強いプロ志望を口にする。

     1年後に内山がスカウト陣に評価されているのは捕手としてなのか、遊撃手としてなのか。それとも両方なのか。そのことを想像するだけでも今から1年後が楽しみだ。

     

    20190928s00001002318000p_view


    横浜高は、野球部の指導者による部員への暴言や暴力があったとして、金子雅部長(42)と平田徹監督(36)を28日付けで解任したと発表した。

    【写真】今秋ドラフト上位候補に挙がる横浜の153キロ左腕・及川雅貴投手

     発表の中では発覚からの経緯も明らかにした。

     9月26日付の地元紙で平田監督、金子部長の暴言や暴力が告発されたことを受け、事情を聞くと「金子部長は暴言の一部、平田監督は生徒の首のあたりをつかんだことを認めた」とした。

     さらに26、27日に1年~3年の部員全員に聞き取り調査を行ったところ、報道された内容がおおむね事実だったという。この結果を踏まえ、部長・監督に再度事実を確認すると両者ともに認めたという。

     葛蔵造校長は「被害を受けた部員の皆さま並びに世間をお騒がせしたことを深くお詫び申し上げます。学校の監督不行き届きを反省し、再び繰り返されることがないよう注意していきたい」とコメントした。


     今後は、筒香嘉智DeNA)と同級生だった野球部OBで、17年から指導する高山大輝コーチが監督代行を務め、新たな部長は速やかに決定するとしている。

     横浜高は1968年からチームを率いた名将の渡辺元智監督の後を受け、2015年に平田監督が就任。今夏に続き、今秋も神奈川県大会で8強止まりで、来春のセンバツ出場が絶望的となっている。 

    横浜高校野球部02

    横浜高校(横浜市金沢区)の野球部で、責任教師の金子雅部長(42)が部員に対し暴言や暴力を繰り返しているとして、問題視する声が現役部員から上がっていることが25日分かった。平田徹監督(36)がこうした暴言を黙認し、自身も暴力を振るっていたという指摘もある。神奈川新聞の取材に複数の部員が証言した。学校側は「事実なのか調べなければいけない」としている。


     現役部員によると、金子部長が日常的に「死ね」「殺すぞ」「やめちまえ」「クビだ」といった暴言を頻発しているのを、多くの部員が見聞きしているという。また複数の部員が「金子部長が、平手で部員の胸の辺りを突き飛ばしているのを見たことがある」と話した。

     平田監督はこうした暴言や暴力を横で見聞きしていても黙認しているという。

     また別の部員は、今年8月中旬、平田監督が練習中に、約40人の全部員をグラウンドに集め、練習でミスを重ねた部員の首を両手でわしづかみにして揺さぶり「なんでできないんだ」「だから使いたくないんだ」などと罵倒するのを目撃した。部員の首筋に残った爪の跡を、複数の部員が「見た」と話している。

     神奈川新聞の取材に、金子部長は「『クビだ』は言ったかもしれないが『死ね』や『殺すぞ』は絶対に言っていない。手を出したことも一切ない」と答えた。その上で、「感情的になってしまい、自分自身を見失ったときもある。大いに反省しなければいけない」とした。

     平田監督は金子部長の言動について「見聞きしていない」と否定。自身の暴力については「つかんだのは首ではなく肩。首の後ろの傷は、私が付けたものではない、と言い切れない」と答えた。練習中に激高し物を投げつけたことがあるとした上で「チームの成績が悪く、横浜高校という名門の看板を背負うことによるプレッシャーもあった。私に人間力がないということ」と話した。

     横浜高校は「指摘されていることが事実なのか。どのような形で行われたのか。本校として調査する。できる限りの対応をしたい」(三原馨校長代理)としている。

     横浜高校野球部は、春夏5度の全国制覇を誇る高校野球界の名門。1968年からチームを率いていた渡辺元智前監督から2015年秋に平田監督が引き継ぎ、金子部長が就任した。16年から夏の神奈川大会3連覇を成し遂げたが、今夏は県立相模原高校に敗れ8強、県秋季大会も桐光学園に負け8強に終わった。  【【証言動画あり】横浜高校野球部で暴言、暴力 責任教師、部員に「クビだ」】の続きを読む

    72e26e3e38bd172b34c15567016f99ca

    <高校野球秋季神奈川大会:桐光学園3-0横浜>
    ◇22日◇準々決勝◇サーティーフォー保土ケ谷球場

    横浜が桐光学園に完封負けを喫した。来春センバツ(20年3月予定、甲子園)出場校決定への重要資料となる秋季関東大会(10月19日開幕、群馬県)への出場がなくなった。

    先発した本格派右腕・木下幹也投手(2年)が、140キロ前後の直球とスプリットで粘りの投球をしたが、度会隆輝内野手(2年)が中心の打線が、桐光学園の左腕・安達壮汰投手(2年)の前に沈黙した。

    横浜は4回戦の神奈川工戦でも“スミ1”勝利。公式戦16イニング無得点の現状に、平田徹監督(36)は「彼らの打力はこんなものじゃない。なかなか試合で発揮できず、もどかしさ、歯がゆさを感じます」と苦い表情。「そういうことを含めて私の責任。どう引き出せるかを、今後の大きなテーマにしていきたい」と話した。

    横浜は1942年(昭17)に創立された私立の男子校で、1945年(昭20)に野球部が創部された。春夏通算34度の甲子園出場があり、松坂大輔投手(現中日)を擁した98年の春夏連覇など、5度の全国優勝を成し遂げている。

    20年4月、男女共学化されることが発表されている。敗退で、男子校としての最後の甲子園出場可能性が事実上、消えた。「共学元年」に向け、木下、度会らを中心に鍛え直していくことになる。

     

    2017sum_wakayama-480x258

     智弁和歌山が、茨城国体(29日~10月2日)で木製バットを使用することが20日、分かった。


     巨人などで活躍した同校の中谷仁監督(40)は「国体は3年生が主体で、この先も(大学などで)野球を続ける。金属バットを使うことはもうない。選手の勉強、きっかけにしてもらうため」と理由を明かした。
    20190802-00000107-dal-000-5-view

     国体では選手が個々に木製を使うケースはあるが、チーム全体となると異例。規則上、問題はなく、相手が金属バットを使用しても、智弁和歌山は決勝まで木製を使うという。




    さらに、星稜(石川)との1回戦は両校合意の上で、ともに木製を使うことも分かった。 

    夏の甲子園で激闘を演じた智弁和歌山と星稜。

    1回戦で木製バット同士の対決はいったいどちらが勝つのか注目です。


    今後の野球人生へのきっかけとなるようにと木製バットをしようすることにした智弁和歌山の戦い方に勇気があると思います。

    このページのトップヘ