IP200201TAN000039000_1
 ロッテのドラ1、佐々木朗希の評価がうなぎ上りだそうだ!
自主トレ期間中から軽快な動きを見せ、キャッチボールでは指にかかった鋭い球を投げている。
連日、マスコミに取り上げられるのも無理はない。




 ドラフト後から佐々木を追いかけるロッテ担当記者は、こう語っている。

「昨年のドラフト1位・藤原恭大の時もかなり取り上げられていたが、比べ物にならないほど。高校3年最後の夏の大会で登板回避し、岩手大会決勝で敗れ去ったことで、より注目を集めたのが大きい。その後の投げ込み制限問題など、社会問題にもなった。また、甲子園に出場できなかったことで全国のファンは地方大会の断片的な映像しか見ていないし、まだ見ぬ怪物がどれだけの球を投げるのか今や遅しと待ち構えている」

 ロッテは新人合同自主トレを行うZOZOマリンスタジアムを一部開放したが、土日も重なったことで多くのファンがスタンドを埋めた。キャンプイン前から、ロッテのユニフォームに袖を通す前から狂想曲が始まっていた。

DSC_0264-770x513

 佐々木は190センチと恵まれた体格を誇り、高校最速となる163キロの速球を記録した右腕。これは現エンゼルスの大谷翔平が高校時代(岩手・花巻東高)に出した160キロを破る記録として話題になった。

 中学時代から将来有望な投手として知られており、当時すでに140キロを超える真っ直ぐを投げていた。野球強豪校の誘いを断り、進学したのは地元の公立である岩手・大船渡高。3年夏の選手権予選決勝では「故障予防のため」という理由から登板回避。同校には苦情電話などが殺到する騒ぎとなったのは記憶に新しい。

「自分でしっかり考えることのできる子。もっと速い球を投げられる可能性はあったが、球速を追い求めることはまったくしなかった。現時点での自分に必要なことを見極めて、それに向かって真っ直ぐ努力していました。将来プロで投げたいという確固たる目標があったから、地区予選決勝の登板回避も本人は納得していた。そういう姿を周囲は見続けていたから、誰も文句は言わなかった。もちろん甲子園に行けていたら、最高だったのでしょうが」

 高校野球生活を見てきた同校関係者は、佐々木の野球への取り組み方や人間性を称賛している。

 ドラフトでは西武、楽天、日本ハムを含む4球団競合の末にロッテが交渉権を引き当てた。ロッテにとって近年のドラフトは成功の流れが継続している。 15年オフの平沢大河から始まり、安田尚憲(17年オフ)、藤原(18年オフ)と高校野球のスター選手を立て続けに獲得。チーム強化も着々と進んでいるように見えるが、佐々木の指名あいさつ後にロッテ関係者からは驚くべきコメントが続出した。

「まずは日本一の投手になるために、身体作りからしっかりやっていこうと。『その先の目標があるよね』という話もしました」(井口資仁監督)
img_b069c4c5fae225bab2cca4721ca1b4d8461573


「ロッテだけでなく、球界の宝だと思っています。責任をもって『羽ばたける』ようにサポートしたい」(永野吉成スカウト部長)

 将来的な佐々木のメジャー挑戦をバックアップするような発言が飛び出したのだ。これは12年オフ、日本ハムが大谷をドラフト指名した際の流れにも似ている。

「佐々木の素質は申し分ない。将来的にはメジャー挑戦の夢を持っていると聞いていたし、すぐにでも契約したかったからマークしていた。しかし本人は冷静で、現状では通用しないと理解していたらしい。技術、体力、経験を積むにはNPBでプレーするのが近道だと考えたようだ。ロッテは佐々木がいる間に優勝して、良い形で送り出したい。それが最高のシナリオになるはず」

 メジャーリーグ極東担当スカウト氏は残念そうに語った。佐々木は将来のメジャー挑戦を視野に入れつつも現在は日本で自らを磨き、ロッテでの活躍しか考えていない。

 1軍キャンプに帯同し、順調に行けば早い段階での1軍デビューも考えられる。そのためにもキャンプ、オープン戦の過ごし方が重要となる。

「まずは体力面を含めて、吉井理人投手コーチの下でフォームを固めるということもある。ペースはしっかりとこちらで見ながらやっていきたい」(井口監督)

「実際に練習を見て『いける』と思ったら、すぐにブルペンに入ったりもするかもしれない」(吉井コーチ)

 現状把握からのスタートとなるが、NPB、MLB両方で豊富な経験を持つ2人が直近の上司にいることは心強い。故障することなく、順調に成長すれば、怪物がプロの舞台で覚醒する日もそう遠くないだろう。

タッチ

ダイヤのA

巨人の星

など、野球好き必見のアニメが多数!

お得に観る方法としてオススメなのがU-NEXTです!

お申し込みは↓をクリック【公式サイトへ】