無題
PS通算防御率1.32は史上3位に、通算5勝目で自身が持つ日本人最多記録を更に更新

ヤンキース 7-0 アストロズ(優勝決定シリーズ・日本時間13日・ヒューストン)

【動画】右翼への痛烈なライナーも…ジャッジが好捕→“強肩発動”でダブルプレー完成、田中を救った美技の一部始終

 ヤンキースの田中将大投手は12日(日本時間13日)、敵地で行われているアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発。6回1安打無失点4奪三振1四球と快投し、ポストシーズン(PS)通算5勝目(2敗)を挙げた。ヤンキースはトーレスが4打点を記録するなど打線も得点を重ね、7-0で快勝。ワールドシリーズ進出へ、大事な初戦を取った。

 今季、レギュラーシーズンでメジャー最高の107勝を挙げ、メジャー屈指の打線を誇るアストロズを田中が制圧した。初回はわずか10球で3者凡退に仕留める好スタート。2回も9球で3者凡退に抑えた。3回は1死からタッカーに右前打を許し、これが初ヒットとなったが、続くチリノスはスライダーを打たせて三ゴロ併殺打。ここも無失点に抑え、田中は早くも雄叫びを上げた。


 ヤンキース打線は4回、アストロズの“先発3本柱”の一人、グリンキーからトーレスが左中間を破る適時二塁打。先制に成功した。田中はその裏もスプリンガーとアルトゥーベを三振に斬るなど3者凡退。5回は先頭ブレグマンにこの試合初めての四球を与えるも、アルバレスの痛烈なライナーを右翼ジャッジが好捕。すぐさま一塁に返球し、強肩で飛び出したブレグマンを刺した。ダブルプレーに仕留め、結果的に3人で攻撃を終わらせると、6回にはトーレスが左翼へソロ弾。さらにスタントンにもソロが飛び出し、貴重な2点を加えて3-0とリードを広げた。

 6回は先頭コレアを投ゴロ、タッカーを三飛、チリノスはスライダーで空振り三振とまたも3者凡退。アストロズ打線を田中にほぼ完璧に抑え込まれ、敵地は沈黙に包まれる。ヤンキースは直後の7回にトーレスのこの試合4打点目となる2点打が飛び出し、リードを5点に広げた。

 田中はまだ68球(ストライク45球)だったが、ここで降板。強力ブルペン陣に託した。オッタビーノが7回、ブリットンが8回、ロアイシガが9回を抑え、ヤンキースが快勝。第1戦で貴重な白星を掴んだ。

 10月に絶大な強さを誇る田中は、これでポストシーズン通算5勝目。自身が持つ日本人最多記録を更に塗り替え、防御率は1.32とした。「MLBスタッツ」によると、ポストシーズン7試合以上に登板した投手では、サンディ・コーファックス(0.95)、クリスティー・マシューソン(1.06)に続く史上3位となった。今年も5日(同6日)に行われたツインズとの地区シリーズ第2戦に続く勝利で2戦2勝に。2009年以来の世界一へ、ヤンキースを力強く牽引している。