201908280004-spnavi_2019082900001_view

韓国・機張(キジャン)で行われた「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ(W杯)」。日本は5位で、最終日を待たずに全日程を終えた。2年前のカナダ大会は3位、4年前の日本大会は準優勝だったが、今大会は7年ぶりにメダルを獲得できなかった。

U-18侍ジャパンはスーパーラウンドを1勝2敗と負け越し、決勝および3位決定戦に駒を進められなかった
U-18侍ジャパンはスーパーラウンドを1勝2敗と負け越し、決勝および3位決定戦に駒を進められなかった【Getty Images】

 世界一を目指してきた、若き侍ジャパンの戦いが終わった。


 スーパーラウンド最終戦、7日のオーストラリア戦に勝利すれば、上位進出へわずかな可能性を残していた。それだけに「今日はまず勝つことが全て」と奮起して挑んだが、5回無安打無失点ピッチングを見せた南アフリカ戦(8月31日)以来、7日ぶりの先発となった浅田将汰(有明)が2回に4点を失った。


 とはいえ、許したのは快音の響く鋭い当たりではなく、三塁手の石川昂弥(東邦)の後逸や、遊撃手の武岡龍世(八戸学院光星)が捕れそうな打球を捕球できずに中前に転がった当たりが安打となり、失点につながった。2番手の前佑囲斗(津田学園)、3番手の池田陽佑(智弁和歌山)がピンチを背負いながら粘投するも、最後まで打線が援護できず1対4で敗れた。

「投手ができる選手を優先したい」

韓国戦で満を持して先発した佐々木だが、右手血マメの影響でわずか1回で降板した(写真は永田監督が佐々木の様子を見るためにマウンドへ向かった場面)
韓国戦で満を持して先発した佐々木だが、右手血マメの影響でわずか1回で降板した(写真は永田監督が佐々木の様子を見るためにマウンドへ向かった場面)【Getty Images】

 大会を通し、目についたのはこういった失策に近い安打や、守備のミスが結果的に失点につながったことだ。


 掘り下げて言うと、今回の代表選手は、投手、もしくは投手ができる選手を優先して選考されている。理由は、「10日間で最大9試合を戦わなければならない過密日程」と、「球数制限が設けられている」からだ。


 選ばれた選手の顔ぶれを見ると、まず「夏の甲子園で優勝した履正社の選手がいない」という声をよく聞いたが、実は履正社の選手数名も選考のテーブルには挙がっていた。だが、「投手ができる選手を優先したい」という現場の意向で、投手兼任の選手を選考するに至ったのだ。


「投手はいるに越したことはない」という思いでこの選考となったとはいえ、最速163キロの剛速球を持つ佐々木朗希(大船渡)や、夏の甲子園準優勝投手の奥川恭伸(星稜)、154キロ右腕の西純矢(創志学園)らの顔ぶれを見るように、今年は投手力が充実していた。


 実際、奥川は甲子園の疲労、佐々木は大学代表との壮行試合時に発覚した血マメの影響で、オープニングラウンドは登板を見送る事態も起きた。それでも西や宮城大弥(興南)、飯塚脩人(習志野)、林優樹(近江)ら「投手」として登録されたメンバーが奮起してマウンドに立ち、大量失点を喫する場面はほとんどなかった。


 佐々木の血マメに関してもさまざまな意見があるが、スーパーラウンド初戦のカナダ戦で奥川が快投を続ける中、継投はどうなるか注目された。ブルペンは展開ごとに飯塚や宮城、そして僅差だと佐々木が登板する可能性もあり、慌ただしく動いていた。


 だが、7回に追加点が入ったところで、8回からマウンドに立ったのは飯塚だった。佐々木は僅差を想定して相当数の投げ込みを行っており、その影響が翌日先発した韓国戦に出てしまったのかもしれない。展開が読めなかったとはいえ、首脳陣の起用法も明確ではなく、肩を作ってはベンチに戻り、そしてまたブルペンへ……という投手も何人か目に付いた。マウンド以外での“負担”が試合に影響していないとは言えなかったように思う。

響いた「本職不在」

内野手7人のうち6人が遊撃手。慣れないポジションを守る選手が続出していた(写真は東邦・熊田任洋)
内野手7人のうち6人が遊撃手。慣れないポジションを守る選手が続出していた(写真は東邦・熊田任洋)【写真は共同】

 守備面に目を移すと、まず「本職不在」のポジションの影響が大きかった。


 今回は内野手7人のうち、遊撃手が6人選ばれている。坂下翔馬(智弁学園)は2年夏までは二塁手だったため二塁を守るのは良しとしても、慣れない一塁手を韮沢雄也(花咲徳栄)が主に務めることになった。


 国際大会は慣れないグラウンドコンディションや雨などの影響もあって、日本ではなかなかないボールの跳ね方をすることもあり、捕球には難しさに難しさを重ねた。送球する方も逸らすまい、とより慎重になってしまい、ミスにつながる場面も散見された。


 反対に外野手はわずか2人。遊撃手の森敬斗(桐蔭学園)が正中堅手となったが、ここにも「投手優先」の選考が影響している。2年生ながら選考された鵜沼魁斗(東海大相模)は出場機会が少なく、アメリカ戦で本塁打を放った横山陽樹(作新学院)もフルでスタメン出場したわけではない。


 外野は森が軸となっていたが、打撃のいい正外野手をもう1人でも選考しておけば、外野手を兼任した西や宮城への負担も軽減されたかもしれない。

2年生の選考は是か非か

横山(写真)や鵜沼といった2年生もメンバーに入ったが、秋季大会との折り合いは各都道府県レベルでも必要になる
横山(写真)や鵜沼といった2年生もメンバーに入ったが、秋季大会との折り合いは各都道府県レベルでも必要になる【Getty Images】

 それともうひとつ。毎年ささやかれているのが、2年生の選考の是非だ。


 国際大会が開催されるこの時期は、来春のセンバツ出場への重要な参考資料となる秋季大会の時期が被るため、2年生で候補に挙がった選手がいても断る学校も少なくない。選ぶ側も慎重になるのは当然のことだが、最近だと17年のW杯カナダ大会で藤原恭大(大阪桐蔭〜千葉ロッテ)と小園海斗(報徳学園〜広島)が2年生ながら代表に選ばれ、1・2番コンビを組むなど大活躍した。


 今回選ばれた2年生は出場機会が少なかったため、「選ぶ必要があったのか」という声もある。鵜沼の在学する東海大相模は、7日に秋季大会初戦を迎えていることもあったからだ。ただ、昨年のアジア選手権では、2年生で唯一選考された奥川もマウンドに立つ機会は少なかったが、宿舎で同部屋だった根尾昂(大阪桐蔭〜中日)の姿勢に刺激を受けて秋以降に急成長。現在のように、世代を代表する投手になったケースもある。


 たとえ試合に出られなかったとしても、代表チームの空気を体感することで今後の彼らのプレースタイルに影響を及ぼすものは多く、チームに持ち帰って生かされる要素はあまりにも多い。


 ちなみに日本高野連の竹中雅彦事務局長によると、日本高野連として各都道府県の連盟に下級生で選ばれた選手や監督がいる場合は、大会の日程などを考慮してもらうよう毎年お願いはしているという。あとは都道府県レベルで、日の丸を背負って日本代表としてプレーすることがいかに誇らしく名誉であることなのかを、大会運営側がしっかり理解しなくてはならない。

世界の大舞台へどう目を向けていけるか

今回のメンバー20人。例によって甲子園終了直後にチーム形成を余儀なくされた。日本の高校野球は甲子園がすべてと言っていいほど大きなものだが、今後、世界の大舞台にどう目を向けていくのか
今回のメンバー20人。例によって甲子園終了直後にチーム形成を余儀なくされた。日本の高校野球は甲子園がすべてと言っていいほど大きなものだが、今後、世界の大舞台にどう目を向けていくのか【Getty Images】

 木製バットの対応は、もう毎年言われ続けていることだ。


 昨年10月に国際大会のプロジェクトチームを発足。今年から木製バット対策や国際大会に向けた研修も含め、4月に3日間の一次候補合宿を行うなど、国際大会への意識は高まっている。


 だが、夏の甲子園後にメンバーを招集して合宿するなど、チーム形成の時期が短いことも課題だ。日本の高校野球はやはり甲子園の存在が大きい。それでも高校野球界全体で、世界の大舞台へどう目を向けていけるか。甲子園の先にある世界の頂に立つには、一つひとつの課題と向き合い、議論を重ねながら迅速にクリアにしていく必要がある。