オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    307938fc837df023cd6cce069493e77b
    2019年ドラフト指名選手

    1位
    河野 竜生
    投手
    JFE西日本
    2位
    立野 和明
    投手
    東海理化
    3位
    上野 響平
    内野手
    京都国際高
    4位
    鈴木 健矢
    投手
    JX-ENEOS
    5位
    望月 大希
    投手
    創価大学
    6位
    梅林 優貴
    捕手
    広島文化学園大学
    7位
    片岡 奨人
    外野手
    東日本国際大学

    2019年育成ドラフト指名選手

    1位
    宮田 輝星
    外野手
    福岡大学
    2位
    樋口 龍之介
    内野手
    新潟アルビレックスBC
    3位
    長谷川 凌汰
    投手
    新潟アルビレックスBC



    1位 河野 竜生投手

    河野 竜生(かわの りゅうせい)
    生年月日
    1998.5.30
    ドラフト年
    2019 年
    所属
    JFE西日本
    経歴
    林崎スポーツ少年団(鳴門市立林崎小学校) →鳴門市第二中学校 → 鳴門高校 → JFE西日本
    出身(地域)
    徳島県(四国)
    解説
    鳴門市立林崎小学校で林崎スポーツ少年団野球部で野球を始める。
    鳴門市第二中学校では軟式野球部に所属。
    鳴門高校では史上5人目の3年連続夏の甲子園先発出場を達成。
    1・2年生時は初戦敗退だったが、3年生時にはベスト8。
    プロ志望届を提出せず、社会人へ。
    JFE西日本では1年目から都市対抗に出場。
    2年目にも都市対抗、日本選手権に出場。
    日本選手権では3試合3完投、防御率0.33という好成績で敢闘賞を受賞。
    2018台湾ウインターリグに社会人選抜として選出。

    守備位置
    投手,
    投打
    左投左打
    身長
    174 cm
    体重
    72 kg
    最高球速
    149 km/h
    変化球
    スライダー, カーブ, フォーク
    総合評価
    S 評価
    解説
    空振りやファールが取れるストレートは質が良く、最速149kmhと勢いがある。
    変化球のどの球種でもカウントが取れ、空振りが取れる。
    テイクバックが小さいフォームがさらに打者に打ちにくさを与える。
    ホークスの和田毅のようなイメージの左腕投手。

    特徴①
    非常に質の良い速球。
    ストレートで空振りやファールが取れている。
    最速は149kmhで、非常に勢いを感じる。
    セットポジションでも勢いが衰えない。
    特徴②
    変化球は、スライダー、スローカーブ、フォークがある。
    どの球種もカウントを取れ、空振りが取れる完成度の高さ。
    突出した球種はないものの、全体的に高レベル。
    特徴③
    ストレートは、打者の外角低めにしっかり決まるストレートは素晴らしい。
    さらに左右関係なく、内角に投げ切れている点も非常に良い。
    変化球は若干高めに抜けているボールもあるが、全体的な制球力は高い。
    与四球で崩れるタイプではないだろう。

    結構なイケメンですね!栗山監督は早速下の名前で呼ぶのでしょうか(笑)



    2位 立野 和明投手

    名前
    立野 和明(たての かずあき)
    生年月日
    1998.4.3
    ドラフト年
    2019 年
    所属
    東海理化
    経歴
    豊山フェニックス(豊山町立豊山小学校) → 東海チャレンジャーボーイズ(豊山町立豊山中学校) → 中部大学第一高校 → 東海理化
    出身(地域)
    愛知県(中部)
    解説
    豊山町立豊山小学校一年生時に豊山フェニックスで野球を開始。
    豊山町立豊山中学校では東海チャレンジャーボーイズに所属。
    中部大学第一高校へ進学後は、1年生秋からベンチ入りし、2年生秋からエースに。
    3年生春の大会では最速141km/hの速球を武器に、10奪三振を記録し、プロからも注目される。
    3年生夏にも一回戦で5連続含む、11奪三振を記録するも、2回戦敗退で甲子園未出場に終わる。
    複数球団から注目されるも、プロ志望届は提出せず、社会人へ。
    東海理化へ就職すると、1年目からリリーフとして出場。
    2018年の都市対抗で最速147kmhを記録するも、ホームランを打たれ敗退。
    続く11月の日本選手権1回戦で、最速を更新する150kmhの速球を主体に、12回1失点10奪三振の好投を披露。
    社会人日本代表として2018台湾ウインターリーグに選出されると、自己最速の152km/hを記録。
    年々成長する姿から、2019年の大活躍が期待される。

    守備位置
    投手,
    投打
    右投右打
    身長
    181 cm
    体重
    77 kg
    最高球速
    152 km/h
    変化球
    スライダー, カットボール, カーブ, フォーク
    総合評価
    A 評価
    解説
    最速152km/hの速球が武器の本格派右腕投手。
    勢いのある質の良いストレートで、空振りやファールをとれる。
    スライダーを得意とし、その他にカーブ、フォーク、カットボール、ツーシームと多彩な変化球を操る。
    全体的な制球力が高く、四球で崩れるタイプでは無いが、まだまだ抜ける球も多い。
    現時点でも十分完成度の高い投手だ。
    社会人になってから10km/hも球速が速くなっていることから、まだまだ成長段階。
    今後の成長も期待できる。

    特徴①
    特徴はなんといっても最速152km/hの勢い有るストレートだ。
    シュート回転も少なく、空振りやファールが取れていることから、質の良いストレートであることがわかる。
    社会人で球速が10km/h速くなっていることから、さらなる球速UPも期待できるかもしれない。
    特徴②
    多彩な変化球を操る。
    主にスライダーを得意としているが、カーブ、フォーク、カットボール、ツーシームといった多彩な変化球を持っている。
    スライダーは変化量も大きく、決め球として使えそうだ。
    フォークは落ちない場面もあり、精度の向上が必要だろう。
    カーブは110km/h台と緩急が効いており、有効なボールと言える。
    特徴③
    比較的安定した制球力がある。
    捕手の構えたコースに投げ分けることが出来ており、制球力は比較的高いと言っていいだろう。
    なので、四球で崩れるようなタイプでは無い。
    ただ、四隅にしっかり決めていくほどの制球力はなく、変化球の抜け球もまだまだ多い。
    制球力がもうワンランクレベルアップすると、さらに安定感が増すだろう。

    記事を読んでみるととても天然なのか糸井選手を訪仏させる言動があるみたいですね(笑)色々と期待ですね!



    3位 上野 響平選手

    名前:上野響平(うえの・きょうへい)
    ポジション:内野手
    生年月日:2001年4月26日
    身長・体重:174cm65kg
    投打:右投右打
    所属:京都国際高
    経歴:貝塚シニア(貝塚一中) – 京都国際高

     柔らかいグラブさばきが魅力の金の卵。京都国際高では1年の京都大会から出場し、主将となった2年秋の京都大会では準優勝で近畿大会出場も1回戦敗退。3年春は府大会を制してステップアップしたが、夏は決勝で立命館宇治高にサヨナラ負けを喫し、甲子園出場とはならなかった。

     遊撃手の守備力においては「関西No.1」の呼び声があり、打球判断、捕球、送球までの流れには一切のムダがなく、取れるアウトを確実に取ってくれる。チームでは一番打者で主将を務めた大黒柱。打撃はまだ非力な部分も否めないが、粘り強くシュアな打撃が持ち味。大化けの可能性も秘める潜在能力抜群の逸材。

    投手、投手ときて野手です。高卒ですし中島選手の代わりとなる選手を育成するんですね。

    4位 鈴木 健矢投手

    名前
    鈴木 健矢
    生年月日
    1997年12月11日
    身長
    177cm
    体重
    78kg
    所属
    根岸製油所 製油技術グループ
    出身地
    千葉県
    出身校
    長浦中 → 木更津総合高
    投打
    右・左

    鈴木投手は、兄の影響で8歳から「久保田ロングス」で軟式野球を始めました。
    中学生時代は、学校の軟式野球部でプレーしています。

    〇木更津総合
    高校は、木更津総合に進学。

    1年生の頃は、ストライクが入らず、コントロールに苦しみました。
    しかし2年生の時に、オーバースローからサイドスローに投げ方を変えると、制球が劇的に改善され、2年の秋からは「背番号1」を付けます。

    2年秋の千葉県大会では、防御率1.29の好成績で優勝に貢献。
    続く関東大会でも準優勝に輝きます。

    翌3年春には、センバツ大会に出場し、リリーフとして2試合に登板。
    1回戦・岡山理大付戦では2回1安打2四死球、無失点。
    2回戦・静岡高校戦では、4回無安打4四死球、1失点という成績を残しています。

    3年夏の千葉県大会では、準決勝・専大松戸戦で先発を任されますが、6回8安打2四死球、3失点で敗れ、ベスト4止まりに終わっています。

    常にセットポジションからの投球で、ストレートの最速145km/hです。
    変化球はスライダー、シンカーなど。
    特にスライダーは、キレが良く、バッターを詰まらせたり、空振りをさせたりするシーンが良く見られます。

    また、マウンド度胸がよい強心臓の持ち主で、どちらかというとリリーフタイプのピッチャーです。



    5位 望月 大希投手

    名前
    望月 大希(もちづき だいき)
    生年月日
    1998.2.1
    ドラフト年
    2019 年
    所属
    創価大学
    経歴
    船橋市立八木が谷中学校 → 船橋市立船橋高校 → 創価大学
    出身(地域)
    千葉県(関東)
    解説
    船橋市立八木が谷中学校では軟式野球部に所属。
    船橋市立船橋高校では県大会4回戦が最高で、甲子園は未出場。
    創価大学では一年生春からベンチ入りし、リリーフとして出場。
    二年生夏にIgA腎症という難病を発症し戦線離脱。
    秋にはリリーフとして復活登板を果たし、明治神宮大会で2回無失点の好投、自己最速の145km/hを記録。
    三年生春には防御率1.27という好成績で最優秀防御率のタイトルを獲得。
    秋季リーグは靱帯を痛め、登板機会を減らすも、四年生春には先発中心で防御率0.76を記録し、リームの優勝に大きく貢献。
    続く全日本大学野球選手権では好投するも、打線の援護なく敗退となる。

    守備位置
    投手,
    投打
    右投右打
    身長
    187 cm
    体重
    83 kg
    最高球速
    146 km/h
    変化球
    スライダー, カーブ, チェンジアップ
    総合評価
    A 評価
    解説
    最速146km/hの本格派右腕投手。
    質の良いストレートで空振りを奪う。
    変化球はスライダー、スローカーブ、チェンジアップを持ち球とする。
    制球力はまずまずで、四死球で崩れるタイプでは無い。
    長身で細身ということもあり、まだまだ伸びしろが大きい選手という印象。

    特徴①
    最速146km/hながら常時140km/h以上を安定して投げ込む。
    ストレートで空振りやファールが奪えるタイプだ。
    上体を傾け、腕を縦に振れているので、回転軸が地面と水平に近いのだろう。
    ノビのある素晴らしいストレートを投げている。
    特徴②
    変化球はスローカーブ、スライダー、チェンジアップを投げており、どの球種もまんべんなく投げている。
    130km/h前後のチェンジアップは、長身で上から投げ下ろすので、見極めしにくそうだ。
    110km/h前後の縦のカーブは、球速差があり落差も大きいので、相手打者のタイミングをズラすことが出来ている。
    この二球種と伸びのあるストレートのコンビネーションで相手打者を打ち取っている。
    楽天の岸孝之に近い投球スタイルである。
    特徴③
    制球力はまずまずである。
    概ね捕手の構えたコースに投げられており、相手打者の内角にも投げ込めている。
    時折、抜け球もあるが、四死球で崩れるタイプでは無いだろう。


    TBSの「お母さんありがとう」に出演していましたよね。
    素晴らしい家族に囲まれてこれからは、家族への恩返しの為に活躍を誓っていました。
    楽天の岸投手に似ていると言われているので、同じくらい活躍してくれるのを期待しましょう。



    6位 梅林 優貴捕手

    名前 梅林 優貴
    広島文化学園大学
    捕手
    右投げ右打ち

    これからの活躍にきたいですね。



    7位 片岡 奨人外野手

    名前:片岡 奨人(かたおか しょうと)
    生年月日:1997年11月16日
    出身:北海道札幌市
    身長:184cm
    体重:78kg
    投打:右投げ左打ち
    ポジション:外野手
    血液型:O型
    経歴:札幌市立向陵中学校→札幌日大高校→東日本国際大学

    片岡選手は走・攻・守の三拍子が揃った長身外野手です。
    勝負強い打撃が持ち味。
    ポジションはライト兼センター。
    3年秋から主将を務めているキャプテンシーも魅力です。
    50m6秒0。

    北海道出身の選手ですね。
    名前は「ショート」ですが外野手で頑張ってもらいましょう!



    育成1位 宮田 輝星外野手

    名前 宮田 輝星(みやた ほくと)
    177cm74kg 右両 外野手 出水中央高
    プロ注目の1番・中堅手。俊足巧打のスイッチヒッター。一塁までを3.8秒台から4.0秒台で駆け抜ける。

    輝星と書いて(ほくと)これは期待大ですよ。



    育成2位 樋口 龍之介内野手

    ポジション
    内野手
    出身地
    神奈川県
    生年月日・年齢
    1994/7/4
    身長・体重
    167/75
    血液型
    A
    投打
    右/右
    野球を始めた学年
    小学1年
    小学校
    旭小学校
    中学校
    寺尾中学校
    高校
    横浜高校
    大学・専門学校
    立正大学
    足のサイズ
    27.5
    50メートル走
    6.7
    遠投
    90
    セールスポイント
    パワー
    好きな食べ物
    クレープ
    趣味・特技
    卓球
    ニックネーム
    スケ

    168センチと小粒だがパワーあふれる打撃が身上の長距離バッターは「1日でも早く支配下に上がり、1軍の戦力になれるようさらなる努力を重ねます」と話した。

    小柄ながらパワーヒッターの
    ようですね早期の支配下登録に期待です。



    育成3位 長谷川 凌汰投手

    名前
    長谷川 凌汰(はせがわ りょうた)
    生年月日
    1995.11.8
    ドラフト年
    2019 年
    所属
    新潟アルビレックスBC
    経歴
    北新庄小学校 → 万葉中学校 → 福井商業高校 → 龍谷大学 → 新潟アルビレックスBC
    出身(地域)
    福井県(中部)
    解説
    北新庄小学校二年生時に野球を開始。
    万葉中学校では軟式野球部に所属。
    福井商業高校入学当時は外野手だったが、長身と肩の強さから投手に転向。
    一年生秋から控え投手としてベンチ入りを果たす。
    主に抑え投手としてチームの勝利に貢献し、三年生夏には甲子園出場。
    一回戦で三者連続三振を奪うと、二回戦では先発投手として1失点の完投勝利を挙げている。
    龍谷大学で期待されるも、高校時の最速141km/hから120km/h台に落ち込み、スランプに陥る。
    肉体改造の結果もあり、四年生秋には最速148km/hへ復活、独立リーグへ挑戦。
    新潟アルビレックスBCでは一年目から抑えとして活躍し、後半戦から先発投手として6勝を挙げる。
    NPB交流戦では自己最速の153km/hを記録するも2018年ドラフトで指名漏れ。
    2019年はその悔しさをバネに、先発一本で11勝1敗という素晴らしい安定感を披露している。
    なお、チームメイトにはドラフト2019候補の前川哲がいる。

    守備位置
    投手,
    投打
    右投左打
    身長
    188 cm
    体重
    92 kg
    最高球速
    153 km/h
    変化球
    スライダー, フォーク
    総合評価
    A 評価
    解説
    最速153km/hの速球が武器の本格派右腕。
    ストレートで空振りやファールが奪える勢いのあるストレートを投げる。
    変化球はスライダー、フォークを持ち球としており、フォークボールを決め球としている。
    制球力もまずまずで、四死球で崩れるタイプではなさそうだ。

    特徴①
    最速153km/hの速球が魅力だ。
    ストレートで空振りやファールが奪えており、勢いを感じる。
    回転数はプロ以上で回転軸も良いので質の良いストレートであることがわかる。
    188cmという長身ということもあり、角度があり打ちにくそうである。
    特徴②
    変化球はスライダー、フォークを持ち球としている。
    長身から投げ下ろすフォークボールは角度があり、見極めしにくそうである。
    このフォークとストレートのコンビネーションが最大の武器である。
    また、縦のスライダーも変化量が大きく十分決め球として使えるレベルだ。
    特徴③
    概ね捕手の構えたコースに投げられている印象で、制球力はまずまずだ。
    四死球率に関しても、昨シーズンは3前後だったが、2019年は1.5前後と改善傾向にある。
    この調子で、安定感ある投球を披露して欲しい。

    こちらも独立リーガー、パワー系のピッチャーのようですね。
    コントロールも良さそうなので、支配下登録も早いかも?ですね。

    キャプチャ
    TBSドラフト緊急特番「お母さんありがとう」

    TBS ドラフト特番「お母さん ありがとう」 本日19時から3時間生放送です。 今年で10回目の特番。 お時間合えば是非。 pic.twitter.com/XRTkdc6Zvl

    プロ野球を夢見る親子の壮絶ドキュメント!
    運命の10/17ドラフト会議…夢への扉は開くのか!?
    MC中居正広と見届ける感動&緊迫の3時間生放送



    常盤大学高等学校の鶴見凌也くんを特集

    常盤大学高等学校の鶴見凌也さんについて紹介。
    凌也さんは4年間、ずっと後悔を抱え生きてきた。
    母への異変に気づかず出来ず記憶を失ってしまった。
    そして、母の笑顔を見るためプロ野球選手を目指す。

    中学3年の秋、凌也さんは寝坊し1階に降りたが
    母親はうつ伏せになっていたので寝ていたと思い学校へ。
    しかし、下校すると母親は朝と同じ体勢だった。

    病院に運び込まれ緊急手術。
    診察の結果、脳内出血が起きており意識が戻っても
    障害が起きる可能性を宣告された。
    凌也さんは異変に気づくことが出来なかった事を後悔

    術後1ヶ月後、目を覚ました。その瞬間は恥ずかしく
    トイレで喜んだ凌也さんだったが、
    戻ってきた時に記憶を失っているようだと伝えられてしまった。

    野球に打ち込む息子の姿を見て記憶が復活した母親

    ドラフト2019で鶴見凌也くんが育成5巡目で指名

    10月17日(木)、東京都内で2019年度プロ野球ドラフト会議が行なわれ、オリックス・バファローズは以下選手の契約交渉権を獲得いたしました。 ・育成5巡目 鶴見 凌也選手(捕手/常盤大学高) #Bs2019 #プロ野球 #NPB #ORIX #ドラフト会議 pic.twitter.com/qS8lSpGqzs

    ▼鶴見凌也くんが育成5巡目で指名された時の同級生の顔芸がすごい

    同級生「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

    同級生「ヒャッハーーー!!!」

    ▼顔芸がすごい同級生、一躍大ブレイク

    81Zj4NZLkWL
     

    ●158キロを誇る直球に制球力も高い星稜・奥川恭伸投手


    【#ドラフト会議 】 ▼ 奥川恭伸(星稜高) ヤクルト・阪神・巨人で競合抽選の結果、ヤクルトに決定! 高津新監督が引き当てました。 #swallows #npb pic.twitter.com/pif8eaXIuZ

    最速158キロを誇る直球に制球力も高く、高校生離れした完成度は田中将大(ヤンキース)にも例えられるほど。


    今夏の甲子園で5試合41回1/3、512球を投げて21安打51奪三振自責点5、防御率1.09と圧巻のピッチング。


    智弁和歌山との3回戦では自己最速の154キロを連発、延長14回165球を投げて23奪三振の快投で甲子園を沸かせた。


    ●奥川恭伸投手は、ヤクルトが交渉権を獲得!

    石川・星稜高の奥川恭伸投手の交渉権は3球団による1位指名競合の末、ヤクルトが獲得した。

      

    奥川くんどこ行きたかったんだ… 顔死んでるじゃないか

    ヤクルトのユニ着た奥川投手は割とイメージしやすい気がする おめでとうございます

    ・ヤクルトの印象は「すごく温かみのあるチーム」などとコメント

    【3球団競合】星稜・奥川恭伸、ヤクルトの印象は「すごく温かみのあるチーム」 news.livedoor.com/article/detail… 「指名をいただいてほっとした」と表情を緩めた奥川。「ここからが本当の勝負だと思う」と決意を語った。 pic.twitter.com/2UOGBcc6pK

     

    ヤクルト、阪神、巨人の3球団から1位指名され「正直不安な部分があったなかで、こうして指名をいただいてほっとした」と表情を緩めた奥川。


    ヤクルトの印象については「チームとファンが一体感となった、すごく温かみのあるチーム」と話した。


    「縁があって東京ヤクルトスワローズさんに決まったわけなので、活躍できるように精進していきたいです」と声を弾ませた。


    そして目指すは星稜高の大先輩・松井秀喜氏のような日本球界を代表する選手になること。「これからが本当の勝負と思います。チームのエースになれるように成長していきたいです」。

    出典

    ヤクルト1位の星稜・奥川恭伸が中日1位の石川と対戦熱望 目指すは偉大な高校の先輩・松井秀喜氏(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース


    ●MAX「163キロ」の“令和の怪物”大船渡・佐々木朗希投手

    ・佐々木朗希投手は、千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得

    今ドラフト最大の目玉で163キロ右腕の大船渡高・佐々木朗希投手(17)は、1位で日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が競合し、ロッテが「交渉権獲得」のくじを引いた。

     

    佐々木ロッテきたぁぁぁぁぁぁぃぁぁぁぃぁぁぁぃぁぁあ

    佐々木くんかわいそうって言われまくってるのかわいそう。

    佐々木くんめっちゃ険しい顔しておる、、、、大丈夫、、、大丈夫だよ、、、、わ 笑


     

    ●高校通算55本塁打の東邦高校・石川昂弥選手

    石川は高校通算55本塁打を記録した右打ちのスラッガー。


    甲子園は2、3年時に春のセンバツに出場し、今春はエース、主砲、主将として同校を30年ぶり優勝に導いた。


    ・中日ドラゴンズが交渉権を獲得

    打者としてNo1の評価を受けていた東邦・石川昂弥内野手は事前に公表していた中日に加えてソフトバンク、オリックスも指名し、中日が交渉権を獲得


    与田監督は「石川くんがドラゴンズに入りたいという気持ちと、我々がぜひ来て欲しいという思いが一致したのかなと思っています」と話し


    「素晴らしい長打力のあるバッターと聞いていますので、ドラゴンズのスター、球界のスターに育てていきたいと思っています」と語っていた。

    このページのトップヘ