オレの熱盛@ベースボール速報

日常の野球に関するニュースや、神的なプレー、おもしろ情報をまとめています。高校野球・プロ野球・メジャーリーグなどさまざまなカテゴリがあるので、野球好きにはたまらない、情報熱盛りだくさんのブログです。

    202002030000627-w1300_0
    松坂は春季キャンプ3日目で初のブルペン入り、昨季MVP森を相手に16球を投じた

     西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が3日、宮崎・南郷キャンプで初めてブルペン入り。昨季MVP森友哉捕手を立たせた状態で、背番号と同じ16球を投げた。「パーソル パ・リーグTV」は公式YouTubeでベテラン右腕の投球練習を公開。ファンから期待の声が寄せられている。


    【動画】「帰ってきた平成の怪物」 パ・リーグTVが公開した西武松坂のブルペン投球映像

    松坂は投内連係練習後にブルペンへ。プレート前で4球、プレート後方から8球、さらにプレートを踏んで背番号と同じ16球を投げた。ボールを受けたのは昨季MVPに輝いた森は「めっちゃ緊張しました。『投げる時は受けさせてください』と言ってあって、昨日『明日投げる』と言われました。まだ60(%)くらいだそうです。これからどんどん球質はよくなるでしょうし、今日も指にかかったボールは強かった」とうなずいた。ファンからは復活を期待する声が相次いだ。

    「なんやかんや期待してる自分がいるわ」

    「アクシデントさえなければ開幕間に合うのでは? とにかくまた1軍で投げてる姿を見たい」

    「すいませんテンションが上がってしまいましたww」

    「松坂のワインドアップはカッコいい」

    「期待してるぞ! 松坂大輔!」

    「開幕5番手あたりで来てほしい」

    「打線で松坂に勝利をいっぱいあげて欲しい!」

    「まず5勝したらすごいと思う。それと1軍で投げて欲しいし2桁勝って欲しいって願望を持つ自分がいる……」

    “平成の怪物”の復活を、多くのファンが待ち望んでいる。

    タッチ

    ダイヤのA

    巨人の星

    など、野球好き必見のアニメが多数!

    お得に観る方法としてオススメなのがU-NEXTです!

    お申し込みは↓をクリック【公式サイトへ】

    9
     今季限りで現役を引退する
    阿部慎之助捕手(40)が2軍監督に就任することが23日、分かった。若手育成に注力し、今後は指導者として常勝軍団の屋台骨を支える。ファームコーチとして現役時代にともに戦った実松一成氏(38)、加藤健氏(38)、山口鉄也氏(35)が入閣する。また、3軍監督には二岡智宏氏(43)が招へいされる。


    【写真】試合後、両軍ナインに胴上げされる阿部

     球史に残る強打の名捕手が、来季から本格的に指導者としての道をスタートさせる。阿部は試合後、「短期決戦で勝つ難しさを痛感できた。僕の中の財産。選手一人一人がどうしたら勝てるか考えないといけない」と話した。次なる野球人生は2軍監督として、若手と一緒に汗を流すことになる。

     プロ19年間で通算406本塁打に2132安打という実績はもちろん、「グラウンド上の監督」と言われる捕手としてプレーした経験、知識は何物にも代え難い。今季も若手選手に多くの助言を送ってきた。原監督も「彼ぐらい野球が大好きな選手もいない」と評し、今後も球団の発展への貢献を期待する。

     今季から2、3軍で分けていたコーチ陣の垣根も取り払い「ファームコーチ」でひとくくりとし、手を取り合ってきた。3軍監督には昨季まで1軍打撃コーチで、今季はBCリーグ・富山で監督を務めた二岡氏を招へい。厳しい練習に定評があり、岡本を4番に育てた実績も十分だ。


     投手力強化は、育成選手出身の山口氏に任せる。史上最多タイの3度の最優秀中継ぎと実績があり、何より阿部と長年バッテリーを組んできた信頼関係がある。さらに、期待されるのが「ポスト阿部」の育成。腹心のファームバッテリーコーチとして、日本ハムでは2軍育成コーチを兼務して今季限りで現役引退した実松氏と、16年まで巨人に在籍した加藤氏を招へいする。

     今季は5年ぶりにリーグ制覇。阿部2軍監督を中心に、新たなコーチ陣を加えてさらなる底上げを目指す。

    6cc168a09c3018e74a62c95c31570214
    乃木坂46衛藤美彩(26)と、プロ野球埼玉西武ライオンズ源田壮亮内野手(26)が今月結婚したことが24日、分かった。2人が関係者を通じて、日刊スポーツにコメントを寄せた。

    【写真】衛藤美彩、涙の卒業ソロ公演 乃木坂メンバーも登場

    昨春、衛藤がアシスタントを務めたCSフジテレビONE「プロ野球ニュース 2018」で源田を取材し、同い年で同じ大分出身ということもあり、意気投合。今年3月末に衛藤が乃木坂46を卒業し、4月に源田から交際を申し入れ、交際がスタートした。交際半年でのスピード婚となった。複数の関係者によると、年内に挙式を行うという。

    衛藤は「いつも応援してくださっている皆様へ。私事で大変恐縮ではございますが、埼玉西武ライオンズの源田壮亮さんと入籍致しましたことをご報告させていただきます」と報告。「彼の仕事に取り組む姿勢、いつも周りの方々とのご縁を大切にする姿を尊敬しております。またどんな時も優しく穏やかで、彼の存在に心の底から大きな安心感を感じました。彼の活躍が私の幸せでもありますので、出来る限り彼の力となれるようサポートしていきたいです。感謝と思いやりの気持ちを大切に、これから始まる長い道のりを、夫婦二人三脚で歩んで参りたいと思います」とつづった。
    元乃木坂46の衛藤美彩(26)と、プロ野球埼玉西武ライオンズの源田壮亮内野手(26)が今月結婚したことが24日、分かった。2人が関係者を通じて、日刊スポーツにコメントを寄せた。 【写真】衛藤美彩、涙の卒業ソロ公演 乃木坂メンバーも登場 昨春、衛藤がアシスタントを務めたCSフジテレビONE「プロ野球ニュース 2018」で源田を取材し、同い年で同じ大分出身ということもあり、意気投合。今年3月末に衛藤が乃木坂46を卒業し、4月に源田から交際を申し入れ、交際がスタートした。交際半年でのスピード婚となった。複数の関係者によると、年内に挙式を行うという。 衛藤は「いつも応援してくださっている皆様へ。私事で大変恐縮ではございますが、埼玉西武ライオンズの源田壮亮さんと入籍致しましたことをご報告させていただきます」と報告。「彼の仕事に取り組む姿勢、いつも周りの方々とのご縁を大切にする姿を尊敬しております。またどんな時も優しく穏やかで、彼の存在に心の底から大きな安心感を感じました。彼の活躍が私の幸せでもありますので、出来る限り彼の力となれるようサポートしていきたいです。感謝と思いやりの気持ちを大切に、これから始まる長い道のりを、夫婦二人三脚で歩んで参りたいと思います」とつづった。 さらに「18歳で上京しこの世界に入り、関係者、スタッフの皆様、そして何よりいつも応援してくださるファンの皆様に沢山支えて頂きました」と感謝。「今後とも家庭との両立を考えながら、お仕事の方も励んでいきたいと思っております。まだまだ未熟者ではございますが、今後とも温かく見守っていだたけましたら幸いです」とコメントした。 源田も「私事ではございますが、以前よりお付き合いをさせて頂いておりました衛藤美彩さんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と報告。「彼女の献身的なサポートのおかげで毎日頑張ることができています。一緒に過ごす日々の中で、人間的にも大きく成長させてくれる彼女と今後の人生を共にしたいと思いました」と心境をつづった。 今後については「まだまだ未熟な二人ではございますが、お互いに支え合い、二人のペースで温かい家庭を築いていきます。また本業の野球では、これまで以上に責任感を持ち、妻のため、そして何よりチームの勝利のために日々励んでいきます。今後とも変わらぬ応援のほど、どうぞよろしくお願いします!まずは、侍ジャパンプレミア12頑張ります!!」と意気込んだ。


    さらに「18歳で上京しこの世界に入り、関係者、スタッフの皆様、そして何よりいつも応援してくださるファンの皆様に沢山支えて頂きました」と感謝。「今後とも家庭との両立を考えながら、お仕事の方も励んでいきたいと思っております。まだまだ未熟者ではございますが、今後とも温かく見守っていだたけましたら幸いです」とコメントした。

    源田も「私事ではございますが、以前よりお付き合いをさせて頂いておりました衛藤美彩さんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」と報告。「彼女の献身的なサポートのおかげで毎日頑張ることができています。一緒に過ごす日々の中で、人間的にも大きく成長させてくれる彼女と今後の人生を共にしたいと思いました」と心境をつづった。

    今後については「まだまだ未熟な二人ではございますが、お互いに支え合い、二人のペースで温かい家庭を築いていきます。また本業の野球では、これまで以上に責任感を持ち、妻のため、そして何よりチームの勝利のために日々励んでいきます。今後とも変わらぬ応援のほど、どうぞよろしくお願いします!まずは、侍ジャパンプレミア12頑張ります!!」と意気込んだ。

    このページのトップヘ